サイト内全検索
 

ご訪問有り難うございます。当HPは、私の備忘録を兼ねたブログ形式で「桐と自己満足」をキーワードに各種データを上記14の大分類>中分類>テーマ>の三層構造に分類整理して私の人生データベースを構築していくものです。
なお、出典を明示頂ければ、全データの転載もご自由で、転載の連絡も無用です。しかし、データ内容は独断と偏見に満ちており、正確性は担保致しません。データは、決して鵜呑みにすることなく、あくまで参考として利用されるよう、予め、お断り申し上げます。
また、恐縮ですが、データに関するご照会は、全て投稿フォームでお願い致します。電話・FAXによるご照会には、原則として、ご回答致しかねますのでご了承お願い申し上げます。
     
ホームページ更新情報          【最新記事
R 2- 7-11(土)趣味 > 映画”ジョン・ウィック:パラベラム ”を観て-過激バトルに驚愕2
R 2- 7-10(金)交通事故 > 重度後遺障害被害者逸失利益に定期金賠償を認めた最高裁判決紹介
R 2- 7- 9(木)弁護士等 > 加谷珪一氏著”貧乏国ニッポン”紹介記事紹介
R 2- 7- 8(水)相続家族 > 相続分のないことの証明書は相続分の譲渡・放棄にならないとした地裁判決紹介
R 2- 7- 7(火)交通事故 > 追突事故自賠責14級認定を中心性脊髄損傷で9級認定判例紹介3
R 2- 7- 6(月)交通事故 > 追突事故自賠責14級認定を中心性脊髄損傷で9級認定判例紹介2
R 2- 7- 5(日)健康 > タニタ製RD-907(新体組成計)測定データ桐ファイル入力継続中
R 2- 7- 4(土)健康 > ベンチプレス挙上怒責方法を止めて1回1呼吸方法に変えほぼ1年経過
R 2- 7- 3(金)男女問題 > 面会交流として手紙の送付等間接交流のみを認めた家裁審判紹介
R 2- 7- 2(木)事務所 > 2020年07月01日発行第272号”弁護士の赤と白”
R 2- 7- 1(水)男女問題 > 面会交流として子のメールアドレス・LINEID通知を認めた高裁決定紹介
R 2- 6-30(火)健康 > 歯科医が断言”食後30分以内に歯磨きをしてはいけない”記事紹介
R 2- 6-29(月)趣味 > 映画”ランボー ラスト・ブラッド”を観て-従来シリーズとはちと異なる
R 2- 6-28(日)男女問題 > ”「不倫で番組降板」がアメリカではありえない訳”一部紹介
R 2- 6-27(土)男女問題 > 複数の結果発生地がある場合の不法行為準拠法を判断した高裁判決紹介
R 2- 6-26(金)交通事故 > 頚部神経根症と頚部脊髄症の症候による診断
R 2- 6-25(木)交通事故 > 頚椎神経根症について後遺障害等級第12級を認定した地裁判決紹介


この改行は必要→
【最新更新記事】 R 2- 7-11(土):趣味 > 映画3

映画”ジョン・ウィック:パラベラム ”を観て-過激バトルに驚愕2

○「映画”ジョン・ウィック:パラベラム ”を観て-過激バトルに驚愕」の続きです。令和2年7月10日夜、ツルカメ第二スタジオに備えたソニー85インチ4KTVで、映画「ジョン・ウィック:パラベラム」をUHD版を鑑賞しました。この映画は令和元年10月5日に「TOHOシネマズ仙台」で鑑賞して、正に驚愕し、UHDが発売されたら直ぐに購入して再鑑賞したいと思っていたところ、10日程前にアマゾンで発売されていることを知り、早速購入していたものでした。

○「映画”ジョン・ウィック:パラベラム ”を観て-過激バトルに驚愕」に「これまでにこれほど過激なアクションシーンがあっただろうかと思われるものばかりでした」と記載していましたが、鑑賞も2回目になると、やはり初回に見たほどの驚愕はありませんでした。

○ショックだったのは、僅か9ヶ月前に鑑賞した映画なのに、ストーリーの重要部分を忘れていたことです(^^;)。相当部分は覚えていて次の展開を予想できましたが、次はどうなったか、全く予想できなかったシーンも結構ありました。僅か9ヶ月の経過でこれほど記憶が欠落するのか、これも加齢現象かと、ちと落胆しました。

○キアヌ・リーヴス氏、この映画撮影時は55歳とのことです。その身体は重厚で厚みがありますが、動きの素早さは流石です。最初に観たときは、そのガンさばきの素早さに感激しましたが、今回は、中国人殺し屋との肉弾戦に感激しました。キアヌ氏は、レスリングや柔道を相当訓練したようで、相手の中国人の技量も凄く、正に手に汗握る激闘でした。観ている私の身体にも力が入り、激闘が一段落すると、フッと力が抜けます。

○この映画のストーリーとして,最終の展開の記憶がスッカリ欠落しており、あれッ、こんな展開だったかと、最重要のストーリー展開を、ようやく思い出しました。続編必須の展開であり、「『ジョン・ウィック』第4作、2021年5月21日米国公開決定 ─ キアヌ・リーブス主演、まだまだ終わらない」によると、「チャド監督は「続編のアイデアはある、すべてはファンと興行成績しだい」との姿勢を貫き、キアヌも「自分ができるかぎり、観客に求められるかぎり」と発言」とのことで、第4作、来年の日本公開が楽しみです。
以上:930文字

Page Top