直近 20ページの、更新記録

更新日分類細分類タイトル
R 2- 6- 1(月)男女問題面会交流・監護等養育監護費用返還義務と引渡義務の同時履行関係否認最高裁判決紹介
○幼児引渡しの請求は、幼児に対し親権を行使するにつき、その妨害の排除を求める訴えであり、幼児引渡義務は、その性質上、養育監護返還義務(不当利得返還義務)と同時履行の関係に立つものではなく、同時履行の抗弁は、主張自体失当であるとした昭和59年9月28日最高裁判決(判時1137号54頁、判タ544号12・・・
続きを読む
R 2- 5-31(日)趣味フラメンコギターフラメンコギター合奏練習できずオンラインパコ演奏と合奏練習中
○「パコ・デ・ルシア演奏”ベサメ・ムーチョ”楽譜発見練習再開」の続きです。我がフラメンコギター合奏団のレパートリー目標は、「ベサメ・ムーチョ」が加わり、①セビリアーナス(相崎勝利先生編曲)②シボネイ(パコ・デ・ルシア&ラモン・デ・アルヘシラス、相崎勝利先生編曲)③コーヒールンバ(パコ・デ・ルシ・・・
続きを読む
R 2- 5-30(土)趣味音楽私の好きな古関裕而メロディーYouTube動画集
○令和2年4月からNHK朝のTV小説として古関裕而氏をモデルとした「エール」が放映されており、ストーリーにちと違和感を感じることもありますが、楽しみながら、毎日、熱心に観ています。古関裕而氏は、古賀政男氏・船村徹氏に次いで好きな作曲家でした。特に伊藤久男氏の「暁に祈る」、「イヨマンテの夜」は好きな曲・・・
続きを読む
R 2- 5-29(金)男女問題判例紹介建物共有者から建物占有共有者妻への明渡請求を棄却した地裁判決紹介
○判例タイムズ令和2年6月号(1471号)には現在扱っている事件の参考になる判例が数件掲載されています。取扱事案にとって結論が有利な判例はそのまま援用でき、結論が不利な判例は、事案が異なっている点を強調して有利な判例としても使えます。○建物を共有するX1(夫)とX2(X1の父)が,建物を占有する・・・
続きを読む
R 2- 5-28(木)男女問題性問題婚姻中の性交渉拒絶についての慰謝料請求を一部認めた地裁判決紹介
○「セックスが全くなかったことによる慰謝料請求国内版1」以下で、セックスが全くなかったことによる慰謝料請求として500万円の損害賠償を認めた平成2年6月14日京都地裁判決(判時1372号、123頁)を紹介していました。○元妻である原告が、協議離婚した元夫である被告に対し、被告が性交渉を拒絶したこ・・・
続きを読む
R 2- 5-27(水)弁護士等弁護士全般緊急事態宣言解除明け後の裁判期日状況等
○令和2年4月7日から実施されていた緊急事態宣言は、5月25日夜、全面的に解除されました。裁判期日も、5月中に予定されていたものが全て取消になるかと危惧していましたが、宮城県内に関しては、5月半ば頃から徐々に予定通り実施されるようになってきました。○令和2年5月26日はある事件での証拠調べ期日-・・・
続きを読む
R 2- 5-26(火)男女問題財産分与・慰謝料扶養的財産分与としてマンション使用貸借権を認めた高裁決定紹介
○抗告人元妻(原審申立人)が離婚した相手方元夫(原審相手方)に対し、離婚後の財産分与として1900万円(清算的財産分与1000万円及び慰謝料的財産分与1000万円の合計額)から既払金(100万円)を差し引いた残額)の支払い並びに共有名義の本件マンション(オーバーローン)について、長男が成人するまで1・・・
続きを読む
R 2- 5-25(月)男女問題財産分与・慰謝料夫名義借金返済金額の半分について妻に財産分与を認めた地裁判決紹介
○「オーバーローン不動産住宅ローン返済金に清算を認めた家裁審判紹介」に関連した続きで、夫名義の借金について返済した金額の半分を夫婦財産の清算として夫に対し、妻に返還を命じた昭和49年10月1日名古屋地裁判決(判時786号68頁、判タ320号281頁)全文を紹介します。○財産分与は、夫婦別居時に残・・・
続きを読む
R 2- 5-24(日)男女問題財産分与・慰謝料オーバーローン不動産住宅ローン返済金に清算を否認した高裁決定紹介
○「オーバーローン不動産住宅ローン返済金に清算を認めた家裁審判紹介」の続きで、その抗告審の平成10年3月13日東京高裁決定(家月50巻11号81頁)全文を紹介します。○原審は、妻が住宅ローン支払に寄与した金額を合計81万5233円として、その2分の1にあたる40万7616円は、申立人において支払・・・
続きを読む
R 2- 5-23(土)男女問題財産分与・慰謝料オーバーローン不動産住宅ローン返済金に清算を認めた家裁審判紹介
○「オーバーローン不動産住宅ローン返済分の共有持分を認めた地裁判決紹介」の続きで、オーバーローン不動産住宅ローン返済金に財産分与を認めた平成9年10月7日水戸家庭裁判所龍ケ崎支部審判(家庭裁判月報50巻11号86頁)を紹介します。○協議離婚をした妻が夫に対して、夫に将来支給される退職金、夫が現在・・・
続きを読む
R 2- 5-22(金)貸借売買等賃貸借賃借人の転借人に対する明渡請求を棄却した地裁判決紹介
○令和2年4月1日施行改正民法の改正された条文は多岐に渡りますが、第7節賃貸借の条文にも改正条文が結構あります。その中で転貸借の改正条文を紹介します。第612条(賃借権の譲渡及び転貸の制限) 賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。2 賃・・・
続きを読む
R 2- 5-21(木)九士会・RURU開催記録追悼!坂下康子県議-実に気さくでざっくばらんな方でした
○令和2年5月21日、早朝、突然のニュースに驚愕しました。最初はネットで知り、河北新報が配達されてきたので確認すると既に掲載されていました。RU(異業種交流会ライジングアップ)の仲間の一人、坂下康子県会議員の訃報のニュースです。「関係者によりますと、坂下さんは5月20日午前10時頃、仙台市内の事務所・・・
続きを読む
R 2- 5-20(水)法律その他なんでも参考判例歩道視覚障害者誘導用ブロックは瑕疵非該当とした地裁判決紹介
○「市道道路脇側溝転落事故につき国家賠償責任を認めた地裁判例紹介」の続きです。現在も民法第717条工作物設置保存瑕疵責任の事案を扱っており参考判例収集中です。○原告が、被告の設置又は管理に係る歩道を自転車で通行中、同所に敷設してあった視覚障害者誘導用ブロック上において転倒し、傷害を負ったことにつ・・・
続きを読む
R 2- 5-19(火)弁護士等政治・社会・司法等検事と人事ー検察庁法改正問題の背景-落合洋司弁護士解説紹介
○話題の検察庁法改正案が、「国民の理解なしに前に進めることはできない」との理由で先送りされましたが、改正案の全条文備忘録です。算用数字と漢数字が混同していますが、徐々に算用数字に統一します。5000字前後の膨大な量で、正に目くらましで一読しても良く内容が理解出来ません(^^;)。○要は、この改正・・・
続きを読む
R 2- 5-18(月)男女問題財産分与・慰謝料オーバーローン不動産住宅ローン返済分の共有持分を認めた地裁判決紹介
○「オーバーローン不動産住宅ローン返済分の財産分与を認めた高裁決定紹介」の続きで、離婚夫婦間のオーバーローン不動産の権利関係についての判決を紹介します。○原告元夫が、本件建物は自己の単独所有であるにもかかわらず、これを専有している元妻を被告として、所有権に基づき、元夫名義建物の明渡と、所有権侵害・・・
続きを読む
R 2- 5-17(日)事務所大山滋郎弁護士ニュースレター22020年05月16日発行第269号”弁護士の鎧”
○横浜パートナー法律事務所代表弁護士大山滋郎(おおやまじろう)先生が毎月2回発行しているニュースレター出来たてほやほやの令和2年5月16日発行第269号「弁護士の鎧」をお届けします。○問題が発生しその解決方法について考え方が分かれる例は山のようにあります。昨日の「オーバーローン不動産住宅ローン返・・・
続きを読む
R 2- 5-16(土)男女問題財産分与・慰謝料オーバーローン不動産住宅ローン返済分の財産分与を認めた高裁決定紹介
○離婚に伴う財産分与は、別居時の夫婦共有財産を清算するものですが、別居時住宅時価より住宅ローン債務額が大きいいわゆるオーバーローン住宅について、当事者の同居期間中の夫婦としての経済的協力関係に基づく住宅ローンの返済によって形成された夫婦の実質的共有部分及び同返済によって住宅の維持に寄与した部分につき・・・
続きを読む
R 2- 5-15(金)健康その他健康”マスクの効果と正しい使用方法”紹介
○令和2年5月14日、宮城県については、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されました。夕方、早めに仕事を終えて、自転車に乗って久しぶりに丸善仙台店に行き、その後、ようやく全店開業したヨドバシ仙台店に行きました。同日の仙台最高気温は25°の夏日で、自転車に乗っても背広姿では暑い位でしたが、街を・・・
続きを読む
R 2- 5-14(木)男女問題面会交流・監護等父母以外の親族に民法766条類推適用を否定した高裁決定紹介
○「事実上の監護者里親に民法766条類推適用を否定した高裁決定紹介」の続きです。○本件未成年者と同居している祖父母が未成年者の親権者に対し、未成年者の監護者を祖父母と指定することを求め原審判は、その申立を認めました。これに対し本件未成年者の親権者である母が抗告し、未成年者の引渡を求めました。・・・
続きを読む
R 2- 5-13(水)九士会・RURU開催記録RU令和2年5月例会開催-初のZoom会議開催
○「RU令和2年新年会開催-新会長による本年の方針決定」の続きで、久しぶりに異業種交流会RU(ライジング・アップ)の話題です。令和2年異業種交流会RU(ライジング・アップ)は、第二の人生をテーマにして、そのため会員各自がこれまでの人生を振り返って発表するとの方針で、令和2年2月は藤木澄義会長ご自身・・・
続きを読む
ホームへこのページの先頭へ