仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 東日本大震災 >    

久しぶりにグラリとやや大きな地震-反応鈍いのに要注意か

平成24年12月 8日:初稿
○平成24年12月7日午後5時10数分過ぎた頃、私は、最近の仕事場となって居る703号室のツルカメ第1スタジオで起案作業中でしたが、やや大きな揺れが少々長く続きました。丁度、私以外の事務所スタッフ5名が全員揃っていたときで、701号室の事務室から出て、わざわざ玄関のある702号室の玄関を開けて、大騒ぎとなっています。

○私自身としては、おそらく震度4くらいの地震であり、大したことはないと思っていたのですが、3.11東日本大震災を事務所内で経験し、「東日本大震災当日の状況-私の場合・友人知人の場合」に、「物凄い揺れが随分長いと感じる程継続し、天井から粉のような物が落ち始め、このまま揺れが続けば建物全体が倒壊することを覚悟し、全員このまま死んでしまうと覚悟したそうです。」と記載したとおり、事務員達は、相当の恐怖感を味わったためか、揺れに過敏になっているようです。

○やや長く続いたやや大きな揺れが収まると、事務員達は、直ぐにTVをつけ、全員で見ていましたが、何と宮城県に津波警報が出たとのことで、え、そんな大きな地震だったのかと、驚きました。NHKは、その後も7時過ぎまで殆ど地震のニュースを流しっぱなしでした。私は、この程度の地震でホントに津波が来るのだろうかと半信半疑でしたが、万が一、また郷里気仙沼等沿岸部には来ないで欲しいと願っていたところ、幸い、郷里気仙沼では地震を観測したとのニュースはありませんでした。

○私が事務所に居たときに経験した大きな地震は、記憶に残っているのは2回あります。平成17年8月17日記載「地震発生-幸い被害無し」によると、平成17年8月16日と平成15年5月26日でした。平成17年8月の地震では、「結構大きく感じる揺れが長く続き、必死で事務員達と事務室中央に仕切りを兼ねて立っている本棚が倒れないように支えました。」と、平成15年5月26日の地震は「事務室中央で机と机に挟まれて立っている書棚が不安定で倒れそうになり、支えるのに苦労し、これに気を取られていたため机上の湯飲み茶碗に目が行き届かず、これが倒れて机がお湯浸しになりました。」と書いています。

○この2回の地震は震度5だったと記憶していますが、これらに比べると平成24年12月7日の地震は、震度4程度で慌てるに足りない地震なのに,事務員達の大騒ぎぶりに、私自身の地震に対する感性の鈍さを感じました。その理由を考えてみると、1000年に1回と言われるマグニチュード9の3.11東日本大震災を事務所内で経験しなかったことによると思われます。この時私は、「東日本大震災当日の状況-私の場合・友人知人の場合」に記載したとおり名取市で依頼者の運転する自動車の助手席でしたが、「この地震は尋常ならざる大きさと感じ、底知れぬ恐怖感に襲われました。しかし、ここで一巻の終わり、命がなくなるまでの恐怖感は感じませんでした。」と記載したとおり、死の恐怖までは味わうことが出来ませんでした。

○死の恐怖を味わった事務員達と、味あわなかった私の経験の差が、地震に対する感性の差になったようです。この感性の差が私にとって良いのか悪いか判りません。3.11大震災を事務所内で経験できなかったことで、地震に対する感性を強めることが出来ませんでしたが、振り返ってみると、宮城県は日本の中でも特に地震被害が多く発生しているようです。地震に対する警戒を怠ってはいけないと痛感しました。

***********************************************

東北・関東震度5弱、宮城に津波 住民避難、10人重軽傷
2012年12月07日金曜日河北新報配信

 7日午後5時18分ごろ、東北と関東地方で震度5弱の地震があった。震源地は三陸沖北で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)7・3と推定される。気象庁によると、宮城県石巻市の鮎川で1メートル、岩手、宮城、福島各県で20~40センチの津波を観測した。
 気象庁は、宮城県に津波警報、青森県太平洋沿岸、岩手県、福島県、茨城県に津波注意報を出したが、約2時間後に全面解除した。
 警察庁によると、千葉県習志野市の女性(50)が自宅のロフトのはしごから転落し、首の骨を折る重傷を負ったほか、宮城、茨城、栃木、群馬、神奈川の各県で9人が軽傷。
 青森、岩手、宮城各県の沿岸自治体は避難指示や勧告を出し、宮城では約1万8千人、岩手では約5500人が小学校などに一時、避難した。


以上:1,848文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 東日本大震災 > 久しぶりにグラリとやや大きな地震-反応鈍いのに要注意か