仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し >    

嗚呼!メタボ症候群か-体重を50日で4㎏減量

平成20年 1月21日:初稿
「久しぶりに胃炎-健康に関する愚痴です」で「酒もタバコもやらず定期的に運動を継続する節制の人生を歩んで居るにも拘わらず、平成19年秋の定期検診では、LDLコレステロール過多、高血圧、腹回り過多のメタボ症候群を指摘され、驚いて毎朝血圧を測るとひどい時は200-100迄上昇し、驚愕して内科を受診し、24時間血圧検査を受けるとやはり血圧が高いとのことで毎日1錠の血圧降下剤を投与され、1ヶ月を経過しています。」と記載していました。

平成19年10月18日の財団法人宮城県対がん協会「がん・生活習慣病健診」で血圧が最大152,最小85と計測され、まさかと思って再度測定するも最大142,最小80で、これまで観測したことのない高血圧ぶりに驚きました。

○しかしこの計測値はまだまだ甘いものでした。その後、血圧が気になり毎朝起きがけに計測するとなんと最大170~190,最小80~90になっており、驚いてネットで高血圧関係情報を集めると、なんと早朝高血圧という病気があり、これが高血圧の中でも一番危ないとの記事を発見し、仰天して血圧は上がる一方となり、ある時は最大200、最小100を超え、驚愕し、友人の医者に相談するとすぐに医者を紹介されました。

○早速紹介された医院に行くと平成20年11年28日午前9時、生まれて初めて24時間血圧計を装着されて、翌日午前9時まで24時間、30分置きに血圧を計測しました。29日午前9時に通院し、その結果を示されると、それほど高い血圧ではないと指摘され、一時ホッとするも、やはり普通よりは少し高いので血圧降下剤を毎日1錠処方しますとのことでした。

○更に血液検査結果ではやはりLDLコレステロールが基準値を超えており、身長163㎝のところ66㎏の体重は重すぎるのでまず3㎏落として62~63㎏まで落とした方が良くそれによって血圧も10~20は下がるでしょうと指示されました。

○血圧降下剤を投与される事態となったことはガッカリしましたが、平成11年11月に87歳で死去した父親も晩年は高血圧等の病気で相当数の薬を飲んでおり、遺伝的には高血圧因子が私にもあることがまだ軽いうちに判明したことを幸いとしてそれからは食事の量を3割減らすことにしました。

○その結果、平成20年1月20日段階では体重も62㎏前後まで落とすことが出来、血圧も早朝時で最大140前後、最小80前後に落ち、日中は最大120前後、最小70前後と基準値に下がり、安定するようになりました。今後も体重、血圧に気をつけ、健康には留意していきたいと思っております。
以上:1,065文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し > 嗚呼!メタボ症候群か-体重を50日で4㎏減量