仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H22~H25) >    

平成25年春季スキー合宿第1日目ースキーよりギター

平成25年 3月30日:初稿
○平成25年3月29日(金)から当事務所恒例春季安比スキー合宿に来ています。昨今の弁護士業界不況の波は厳しく、彼方此方の事務所で、景気の悪い話ばかり聞こえてきます。当事務所も例外ではなく、厳しい売上が続いていますが、私自身とスタッフの楽しみでもあり、何とか、無理をして実現しました。平成25年上四半期の締めくくりとして、今後の活力としたいと思っております。

○スキー合宿と銘打っていますが、スキーは名ばかりで、殆どのスタッフは、ホテル安比グランドタワーの余裕のある広さの部屋で、ゆったりと休むのが楽しみとなっています。私自身はフラメンコギターを持ち込み、一定時間部屋に閉じこもってギター練習に没頭するのも日課となっています。普段は、朝の30分だけの練習ですが、ここでは長いときは2時間程度練習に打ち込みます。今回は、私が持っているフラメンコギターでは最も高価な中出敏彦氏製作60号を持参してきました。現在、師事している岡弘祠先生のお薦めで平成23年12月に購入したもので現在一番のお気に入りです。

中出敏彦氏製作60号
    

○最近は、指慣らしとスケール練習を兼ねて先ず「パナデロス・フラメンコス」を10分ほど弾いて、その後、東日本大震災が勃発した平成23年3月前後に練習開始した「エル・テンプル」の練習に集中します。「楽器を演奏していると老化が遅くなることが明らかに」に、「現在、40年前発売された天才フラメンコギタリスト『パコ・デ・ルシア』の2枚目LPレコードに掲載された『エル・テンプル』と言うブレリアスを練習していますが、私の技術では、大変な難曲で、苦労に苦労しながら毎日少しずつ練習を繰り返して居ます。遅々として上達せず、全部暗譜するだけで3年もかかるのではと覚悟しています」と記載していました。

○この「エル・テンプル」、私にとっては大変な難曲で、「全部暗譜するだけで3年もかかる」と予想していましたが、1年半程かかってようやく全部暗譜は出来、現在、何とか、楽譜を見ないで練習しています。しかし、3ヶ月に1回程度、岡弘祠先生のレッスンを受けると、必ず誤って或いは不正確に弾いている箇所を指摘されて修正を繰り返しています。時々、パコ・デ・ルシアの演奏を参考に聴くと、余りの違いにガックリ来ます。しかし、下手でもこの「エル・テンプル」を弾いているときは、正に「自己満足」心を満たされて、生きる歓びを感じる至福の時です。人前で弾けるようになるのはまだまだ先ですが、気長に楽しみながら練習を繰り返していきます。

○スキー合宿第1日目の料理は、「ラパンドール」での美味しいフランス料理を味わうのが恒例です。
今回はミネストローネスープの味付けが最高でした
    

以上:1,122文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H22~H25) > 平成25年春季スキー合宿第1日目ースキーよりギター