仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 真向法 >    

ヨガ教室再開-ヨガとストレッチの違い備忘録

令和 3年 7月10日(土):初稿
○ここ数年、月曜日から金曜日までの毎朝、遅くても6時30分までにツルカメフィットネススタジオに入り、30分真向法を中心とするストレッチ運動を行い、その後20~30分筋トレを行う習慣となっています。土曜日は1,2時間遅れますが、同様に行い、日曜日だけは完全に休みます。

○毎朝30分のストレッチは、ほぼ習慣化しており、たまにできないと、欲求不満に陥ります(^^;)。人間の身体は、最高のおもちゃであり、無限の可能性があるとの表現を聞いたことがありますが、自分の身体をおもちゃとして、色々遊ぶため、10年前に1,2年間開催したヨガ教室を再開することにしました。ヨガの色々なポーズを、毎朝のストレッチ運動に取り入れるためです。

○ヨガとストレッチの違いについて、ネット検索をすると多くのサイトで解説していますが、以下の解説がいちばんシックリきました。
(まとめ)ヨガとストレッチの大きな違いとは?
呼吸法とポーズを組み合わせるヨガは、ストレッチでは得られない精神の安定やリラックス効果が期待できます
ヨガとストレッチは似ていますが、違いがあります。ストレッチは筋肉をほぐして柔軟性を高めるエクササイズです。
一方でヨガは腹式呼吸を繰り返しながら全身を使ってポーズをとっていく身体技法です。筋肉をほぐし柔軟性も高めますが、体の奥のインナーマッスルを強化し、体幹を鍛えることができる点でストレットとは異なります。
また、深い呼吸により心身がリラックス状態になり、自律神経バランスを整えメンタルを安定させるのもストレッチにはない効果です。
どちらを選ぶかは目的によって違ってきます。ただどちらも継続させることで心身によい効果をもたらすと考えられています。
ヨガは基本的に簡単なポーズなら誰でもできますが、正しく習得するには専門家の指導が必要だと言われています。
ヨガレッスンでは、レベルに合わせて様々なメニューが用意されているので初心者でも安心です。

○「ヨガは基本的に簡単なポーズなら誰でもできますが、正しく習得するには専門家の指導が必要」とのことで10年前に習った先生にもう一度習うことにしました。「ストレッチとヨガの違いは?ストレッチで体をほぐすと体のしなやかさがUP!」とのサイトに掲載された「同時にやるなら、ストレッチ→ヨガの順番がおすすめ」で紹介している「ヨガをする前におすすめのストレッチ方法」に私が求めていた上半身のストレッチが解説されていました。ここに記載された肩甲骨周辺ストレッチ・首周辺ストレッチが私に役立ちそうで、実践していこうと思っております。
以上:1,064文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 真向法 > ヨガ教室再開-ヨガとストレッチの違い備忘録