仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > その他健康 >    

仙台市民の皆様へ-65歳以上の方の接種が本格的に始まります-?3

令和 3年 6月 7日(月):初稿
○「仙台市民の皆様へ-65歳以上の方の接種が本格的に始まります-?2」を続けます。

○私の周りの仙台市民にコロナワクチン接種を受けた人が、チラホラ出てきました。その感想を聞くと、現時点では、注射部位が痛くなったとの話しは聞きますが、ひどい副反応が出たとの例はありません。しかし、薬品アレルギーがあるかどうかは不明で、明らかに薬品アレルギーのあり、インフルエンザウイルスワクチンを受けた記憶もない私にはまだワクチンは恐怖です。

○私は10年程前に10ヶ月間血圧降下剤を服用したことがありますが、現在は、服用している薬はありません。しかし、福井新聞に掲載された「薬などでアレルギー反応が出やすい体質の人も注意が必要で「事前に主治医とよく相談してほしい」と話す。」との、以下の記事を読むとさらに不安になります。

********************************************

ワクチン接種副反応備え、医師に聞く-アレルギー体質や服用薬「問診で伝えて」
福井新聞2021年2月5日午後5時10分


16歳以上を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種について、福井県内でも着々と準備が進められている。海外では副反応の一つとして「アナフィラキシー」と呼ばれる重篤なアレルギー症状が報告されている中、日本アレルギー学会常務理事の大嶋勇成・福井大学医学部小児科教授は「過去のワクチン接種後のアレルギー反応や、普段飲んでいる薬を把握し、接種前の問診で正しく伝えることが大切」と指摘。万一に備え、接種後の一定時間は会場で安静にするよう呼び掛ける。

アナフィラキシーは、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)が体内に侵入することによって複数の臓器にアレルギー症状が起こり、生命に危機を与える過敏反応を指す。アレルゲンは一般的に卵や小麦、ソバなどの食物、昆虫の毒、薬剤などが知られているが、ワクチンの場合は主成分のほかに、製造過程での残留成分や安定化剤、ワクチンの効果を増強させるための成分もアレルゲンになる可能性があるという。大嶋教授は「インフルエンザでも新型コロナでも、どんなワクチンでもアナフィラキシーは起こり得る」と説明する。

アナフィラキシーの特徴は▽全身にじんましんなどが出る▽唇や舌などが腫れる▽呼吸困難や低酸素症になる▽強い腹痛や嘔吐(おうと)―がある。さらに血圧低下や意識障害を伴うと、より重篤な「アナフィラキシーショック」になる。

大嶋教授によれば、過去にワクチン接種や注射などでアナフィラキシーが出た経験がある人は、新型コロナワクチンも接種できない場合がある。薬などでアレルギー反応が出やすい体質の人も注意が必要で「事前に主治医とよく相談してほしい」と話す。

ワクチン接種後に急速に症状が出るのは15分以内が多く、「すぐにアドレナリン注射や酸素投与など、救急対応できる適切な態勢が整っていれば回復できる」とする一方で「万一に備え、接種後15分~30分程度は会場に待機し、安静にするべき」とする。

ただし、血圧を下げる「β遮断薬(βブロッカー)」を内服している人にアナフィラキシー症状が出た場合、アドレナリンが効きにくいことがあり、別の薬の投与が必要になることがあるという。「普段飲んでいる薬を主治医に確認しておき、問診票に正しく記入した上で、接種会場の問診でも医師に正しく伝えられるよう備えて」と助言する。

新型コロナワクチンは3週間程度の間隔を空け、2回接種が必要とされる。大嶋教授は「初回で異常がなくても、2回目でアナフィラキシーが出ないとは限らない。接種する人は、2回とも同じ準備で臨んでほしい」と話している。
以上:1,509文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > その他健康 > 仙台市民の皆様へ-65歳以上の方の接種が本格的に始まります-?3