仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > 東北スコットランド協会 >    

東北スコットランド協会の思い出-DOS桐活用等

平成22年 4月 7日:初稿
○平成19年1月20日作成「東北スコットランド協会の思い出-設立きっかけ等」の続きです。2年3ヶ月ぶりの記事ですが、平成2年7月に設立し、10年間ほど活動を続けていた東北スコットランド協会は、平成12年頃から事実上休会状態となり、これを再興しようとなり、「東北スコットランド協会の思いで1」を記載し、平成19年1月27日、ツルカメスタジオで再興のための会議をしました。その後、同年3月頃、仙台在住スコットランド人を講師とした勉強会を一度開催しただけで、たちまち、休会状態になっていました。

○このような勉強会を開催した場合、私自身の備忘録として、このHPに記録に残すのですが、この勉強会の記録は、当HP記事として残していません。どうやら、私自身、東北スコットランド協会の再興については,余り再開に関心がなかったようです。平成22年2月になって、このHPの東北スコットランド協会関係記事を見たと言う方から事務所に電話が入り、スコットランドが大好きで何か活動企画があれば,是非、参加させて頂きたいとの申出を受けました。

○そこで東北スコットランド協会事務局長の鈴木澄男氏と、2年数ヶ月ぶりに、東北スコットランド協会企画を何かやりましょうとの話になり、取り敢えず、仙台在住スコットランド人でバグパイプ演奏家を招いての演奏会を企画することになり、鈴木氏がその段取りを取ることになりました。

○平成2年に設立した東北スコットランド協会は,一時は100名近い会員を集め、10名前後の事務局員が当事務所に集まり1ヶ月に1回ずつ事務局会議を開き、毎年秋のメイン行事「スコッチウイスキーの夕べ」を初めとする各種行事-、アフターヌーン・ティー、各種スコットランド関係学習会、スコティッシュダンス講習会等継続的に開催する準備をしてきました。

○平成4年にデータベースソフト桐をやや本格的に使い始めた私は、当時DOS時代でしたが、この桐を使っての議事録作成システムとして、
会議.tbl
議事録.tbl
議事経過.TBL
会議議題.TBL

等の表ファイルを作成しリレーショナル化して、印刷のための各種FRMファイルと組み合わせて利用して、合理的な議事録造りの勉強をさせて頂きました。

○その議事録システムには、平成12年5月13日の第71回会議までの記録が残されており、出席者として13名の事務局員の名前が記載されています。桐の議事録作成システムで記録と取り始めてから71回も事務局会議を開いているのですが、残念ながら平成8年1月の第41回以降のデータしかありません。それ以前のデータは、DOS時代に一度、パソコンハードディスククラッシュを起こして大量のデータを失って青くなったときがありますが、その時失われたものと思われます。

○1998-09-25の第64回議事録会議内容に「Sの努力でようやくホームページ開設。今後の発展の方策を協議する。今後は原稿を分担して作成して少しずつ充実させていく。ホームページ立ち上げ費用として約5万円をSが立替支払。協会として支払うことを決定。
なんて記録が残されていましたが、平成10年に東北スコットランド協会としてのHPを一時立ち上げていたことを懐かしく思い出されました。Sさんは、大学の英語の先生で私の最初のパソコン師匠でした。
以上:1,354文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > 東北スコットランド協会 > 東北スコットランド協会の思い出-DOS桐活用等