仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐の基礎講座 >    

他のファイルデータ読み込み後のデータ処理便利関数紹介2

平成21年 9月12日:初稿
「他のファイルデータ読み込み後のデータ処理便利関数紹介」で、「愛知学院大法科大学院22」から、最後の「22」だけ取り出す関数式
#部分列([大学名], #文字位置([大学名],"大学院")+3 )
を紹介しておりました。「平成21年第4回新司法試験合格者発表雑感」で紹介した
平成21年新司法試験合格者数順上位30校

の表も同様にして作成しました。

○あるデータから特定のデータを取り出す関数としては、この#文字位置が大変便利ですが、あるデータの特定部分を別なデータに置き換える、或いは、あるデータから特定のデータだけ削除したりする関数としては#文字置換という関数が大変便利で、私は、「ちかん」と入力すると「#文字置換([],"","")」と変換する辞書登録をして、しょっちゅう、これを利用しています。

○桐ヘルプでは次のように説明されています。
#文字置換( str1 , str2 , str3 )
文字列の str1 の中の文字列 str2 と一致する部分を、文字列 str3 で置き換えます。
該当する文字列が複数ある場合は、該当する部分がすべて置き換わります。
一致する文字列がないときは、str1 のままになります。
引数 説明
str1 文字列を指定します。
str2 検索する文字列を指定します。
未定義値を指定した場合は、結果も未定義値になります。ご注意ください。
str3 置き換える文字列を指定します


○具体的な利用例は、判決書の「原告」を「X」と置き換える場合、
#文字置換([],"原告","X")
と言う簡単な関数式で、その項目内の「原告」が「X」に置き換わります。
次に、原告小松を単に原告としたい場合は、
#文字置換([],"原告小松","原告")
小松だけを削除したい場合は、
#文字置換([],"小松","")
となります。

○「愛知学院大法科大学院22」から「22」を取り出して削除する関数式は
#文字置換([大学名],#部分列([大学名],#文字位置([大学名],"大学院")+3),"")
です。
これは、[大学名]と言う項目のデータの中で”大学院”と言うデータのある文字位置から3番目以降のデータを取り出し、これを””即ち未定義に置き換えるものです。
#部分列([大学名],#文字位置([大学名],"大学院")+3)の意味は、「他のファイルデータ読み込み後のデータ処理便利関数紹介」で説明済みですが、桐関数利用例としては、初級レベルです。
この関数式を使用して平成21年新司法試験合格者数上位30校を表示します。

平成21年新司法試験合格者数順上位30校

以上:1,068文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐の基礎講座 > 他のファイルデータ読み込み後のデータ処理便利関数紹介2