サイト内全検索
 

ご訪問有り難うございます。当HPは、私の備忘録を兼ねたブログ形式で「桐と自己満足」をキーワードに各種データを上記14の大分類>中分類>テーマ>の三層構造に分類整理して私の人生データベースを構築していくものです。
なお、出典を明示頂ければ、全データの転載もご自由で、転載の連絡も無用です。しかし、データ内容は独断と偏見に満ちており、正確性は担保致しません。データは、決して鵜呑みにすることなく、あくまで参考として利用されるよう、予め、お断り申し上げます。
また、恐縮ですが、データに関するご照会は、全て投稿フォームでお願い致します。電話・FAXによるご照会には、原則として、ご回答致しかねますのでご了承お願い申し上げます。
■ 携帯電話やスマートフォーンでご覧いただいてます皆様へ。下記からもアクセス可能です。ご利用下さい
・モバイル版トップページ http://komatsu-law.com/ ・交通事故関係 http://komatsu-law.com/koutu/
・男女問題関係 http://komatsu-law.com/danjyo/ ・相続家族関係 http://komatsu-law.com/souzoku/
相談専用ホームページ
  
ホームページ更新情報          【最新記事
H30- 6-22(金)男女問題 > 氏の変更許可申立要件「やむを得ない事由」解釈適用説明判例紹介
H30- 6-21(木)趣味 > 大阪府の地名には、枚方市以外にも難しいものが多そうです
H30- 6-20(水)弁護士等 > 小学6年以来お世話を受けてきた友人への感謝とお別れの辞3 
H30- 6-19(火)貸借売買等 > 土地賃借人が賃借権対抗要件具備の主張・立証責任を負うとした判例紹介
H30- 6-18(月)男女問題 > 博報堂生活総合研究所2018年家族調査アンケート結果妻は強く夫は弱く 
H30- 6-17(日)事務所 > 2018年06月16日発行第223号”弁護士の小言” 
H30- 6-16(土)交通事故 > 交通事故による損害賠償請求債権が非免責債権とされた判例紹介
H30- 6-15(金)健康 > 週刊ポスト平成30年6月22日号医師が教える食事法紹介2
H30- 6-14(木)健康 > 週刊ポスト平成30年6月22日号医師が教える食事法紹介1
H30- 6-13(水)交通事故 > 中心性頚髄損傷覚書-脊椎脊髄ジャーナル最新の知見から
H30- 6-12(火)相続家族 > 相続人全員の合意で遺産分割協議のやり直しができるとした判例紹介
H30- 6-11(月)男女問題 > 財産分与者破産管財人に財産分与金取戻権行使はできないとした判例紹介
H30- 6-10(日)男女問題 > 債務超過状態での財産分与が詐害行為に当たらないとした判例紹介
H30- 6- 9(土)相続家族 > 私大進学理由での養育費支払終期大学卒業時延期申立を却下した家裁審判紹介
H30- 6- 8(金)相続家族 > 養育費支払期間終期を成年時から大学卒業時に延期した高裁決定紹介
H30- 6- 7(木)男女問題 > バツイチと信じても配偶者を知って1年間不貞行為継続に賠償認容判例紹介
H30- 6- 6(水)健康 > 東京都受動喫煙防止条例(仮称)骨子案紹介-東京都HPから


この改行は必要→
【最新更新記事】 H30- 6-22(金):男女問題 > その他男女問題

氏の変更許可申立要件「やむを得ない事由」解釈適用説明判例紹介

○「戸籍法第107条1項の氏の変更が認められる場合-祖父母の氏への変更は?」の続きです。
ここで廃絶家の氏を復活したり、祖先の氏に復することのみを目的とする氏の変更は認められないとの昭和59年7月12日大阪高裁決定(判タ537号222頁)全文を紹介していました。戸籍法107条第1項「やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。」との規定の「やむを得ない事由」の解釈・適用についての一般論を説明した昭和34年1月12日東京高裁決定(東高民時報10巻1号1頁)全文を紹介します。

○事案は、離縁により、民法第816条「養子は、離縁によって縁組前の氏に復する。」との規定により、旧姓に服さなければならなくなった申立人が旧養親の姓をそのまま使用するための氏の変更申立のようです。これに対し、現在の氏を称することが心理的、主観的に好ましいとか、そのほか現在の氏を称することにより多少の不便、不都合があるとかいうにすぎない場合は、「やむを得ない事由」には該当しないとして、申立を却下しています。

**********************************************

抗告人 本間富男 外1名

 氏は名とともに人の同一性を識別するための標識であり、社会生活上きわめて重大な意義をもつものであるから、みだりにその変更を許すときは国家、社会の利益、秩序に悪影響を及ぼす虞があるというところから、わが現行法のもとでは、個人の意思のみによつてその変更を認めず、しかも名の場合よりも一層重要性を認めてその変更を厳重に制限し、「やむを得ない事由」がある場合に限つて家庭裁判所の許可を得て変更することができることになつている(戸籍法第107条第1項)。

 そしてここにいわゆる「やむを得ない事由」というのは、現在の氏の継続を強制することが社会観念上甚しく不当と認められる場合をいい、単に氏を変更する方が有利であるとか、現在の氏を称することが心理的、主観的に好ましいとか、そのほか現在の氏を称することにより多少の不便、不都合があるとかいうにすぎない場合はこれに含まれないものと解するを相当とする。


 ところが、本件の変更の許可申立の理由は「旧養家の氏『山崎』を称えてすでに相当の年月を経ており、社会経済的利益の維持及び今後の社会生活にとつても『山崎』として活動することが有利であり」、申立人(抗告人)富男が公務員として「今後の勤務関係において……私生活上の好ましくない家庭内の出来事を公然発表する結果となることは主観的に堪え難いことであり」、就学中の「3人の子供にとつても『本間』に復することは子供達の社会なりに好ましくなく」童心を傷けることを避けたいと希望し,また「個人的標識としても同一性認識上も従来の『山崎』の氏をもつて社会生活を営むことが必要であり」「個人の表示手段たる氏の変更により、申立人(抗告人)の社会生活上にも、その所掌する公務関係においても、多少なりとも同一性を惑わす結果により混乱は避け難いと思われる」というのにすぎないのであるから、このような事由は、氏を変更する「やむを得ない事由」に該当するということができないものといわなければならない。のみならず、本件のような場合に氏の変更を許すことは結局強行法規である民法第816条の趣旨にも反する結果を招来することとなるものと考えられる。そうだとすると本件氏の変更許可の申立は許すべきではなく、これを却下した原決定は相当である。
(川喜多・小沢・位野木)

以上:1,499文字

Page Top