サイト内全検索
 

ご訪問有り難うございます。当HPは、私の備忘録を兼ねたブログ形式で「桐と自己満足」をキーワードに各種データを上記14の大分類>中分類>テーマ>の三層構造に分類整理して私の人生データベースを構築していくものです。
なお、出典を明示頂ければ、全データの転載もご自由で、転載の連絡も無用です。しかし、データ内容は独断と偏見に満ちており、正確性は担保致しません。データは、決して鵜呑みにすることなく、あくまで参考として利用されるよう、予め、お断り申し上げます。
また、恐縮ですが、データに関するご照会は、全て投稿フォームでお願い致します。電話・FAXによるご照会には、原則として、ご回答致しかねますのでご了承お願い申し上げます。
     
ホームページ更新情報          【最新記事
R 1- 9-22(日)健康 > 難聴者のためのバリアフリー雑感-難聴は中途半端な障害のため大変2
R 1- 9-21(土)健康 > 難聴者のためのバリアフリー雑感-難聴は中途半端な障害のため大変
R 1- 9-20(金)健康 > ノイズキャンセリングヘッドフォン補聴器紹介-高度難聴者には不適応
R 1- 9-19(木)男女問題 > 7年以上別居後も婚姻費用分担義務継続すべしと離婚請求棄却高裁判例紹介2
R 1- 9-18(水)弁護士等 > 日弁連”民事裁判手続のIT化における本人サポートに関する基本方針”紹介
R 1- 9-17(火)事務所 > 2019年09月16日発行第253号”お米弁護士のご馳走”
R 1- 9-16(月)男女問題 > 7年以上別居後も婚姻費用分担義務継続すべしと離婚請求棄却高裁判例紹介
R 1- 9-15(日)相続家族 > 子の利益に必要有りとして特別養子縁組申立を認めた高裁決定紹介
R 1- 9-14(土)相続家族 > 子の利益に必要無しとして特別養子縁組申立を却下した家裁審判紹介
R 1- 9-13(金)男女問題 > 支援措置申出が面会交流妨害目的とは認められないとした高裁判決要旨紹介
R 1- 9-12(木)男女問題 > 支援措置申出による面会交流妨害に損害賠償を命じた地裁判決要旨紹介
R 1- 9-11(水)弁護士等 > 3万人のための情報誌”選択”令和元年9月号-”人工透析”2兆円利権紹介
R 1- 9-10(火)法律その他 > ペット(猫)を遺産相続した場合の動物愛護法に基づく責任基礎の基礎
R 1- 9- 9(月)趣味 > 第21回弁護士業務改革シンポジウム口実に2年ぶりの京都行き雑感
R 1- 9- 8(日)弁護士等 > 第21回弁護士業務改革シンポジウム開催報告at同志社大学今出川キャンパス
R 1- 9- 7(土)男女問題 > 二宮周平教授ら”ジェンダー法学の10年”掲載不貞行為論文一部紹介3
R 1- 9- 6(金)男女問題 > 二宮周平教授ら”ジェンダー法学の10年”掲載不貞行為論文一部紹介2


この改行は必要→
【最新更新記事】 R 1- 9-22(日):健康 > 耳の話し

難聴者のためのバリアフリー雑感-難聴は中途半端な障害のため大変2

○「難聴者のためのバリアフリー雑感-難聴は中途半端な障害のため大変」の続きです。「相手は言葉が伝わっていると確信していますが、実際は伝わっていないことが理解されないのが一番の苦痛でした。」と記載しましたが、これを克服する方法は、難聴者であることを宣言することに尽き、今は、お客様の前でも、裁判所でも「耳が遠いものですから」、「補聴器をつけてますので」と盛んに宣言しています。

○それでも世の中ではなかなか難聴者に対する配慮までされていないと感じることが良くあります。現在も腹が立つものとして、先ずワイヤレスヘッドホンとしてのブルートゥースヘッドホンがあります。20年以上前に赤外線補聴ワイヤレスヘッドホンを購入しましたが、こちらは音量が結構上がり、私のような難聴者でも使用可能で重宝しました。

○しかし、ここ数年は赤外線補聴ワイヤレスヘッドホン発売が打ち切られたのか、ワイヤレスヘッドホンの殆どがブルートゥースタイプになり、数年前から3個程購入しました。ところが、いずれも難聴者の存在を前提としない製品でボリュームを最高に上げても良く聞き取れず実用出来ませんでした。メーカーには、高度難聴者も使用することを考慮してボリュームを可能な限り大きくできるようにして貰いたいところです。

○次に腹が立ったのは、ホテルの部屋に設置してあるTVです。多くのホテルのTVは、隣室の迷惑にならないようするためか音量制限がなされ最大音量まで上げることが出来なくなっています。高度難聴になると補聴器無しでTVの生の音を聞くことはできません。聞き取れるまで音量を上げると音が大きすぎて周りに大迷惑になるからです。そこでイヤホン使用が常態になります。しかし、音量制限がなされて最大音量に上げてもイヤホンで十分聞き取ることができないことが良くあります。このことをホテルに伝えて音量制限を解除して貰ったこともあります。

○高度難聴者になるとTV音はイヤホンと日本語字幕が必須です。ところがホテルのTVリモコンには簡易版にして字幕ボタンがないものもあります。難聴者には日本語字幕が必須であることも理解されていません。邦画のDVDやBDにも全て日本語字幕をつけて貰いたいのですが、現時点では半分もついていないと思われ、私は日本語字幕がついていない限り購入しません。

○同様に映画館での邦画にも、高度難聴者にとっては日本語字幕が必須ですが、殆ど日本語字幕がつく映画はありません。「情報バリアフリーのための情報提供サイト」「2. 邦画やDVDと日本語字幕の状況は?」というページに邦画に字幕がつかない理由等の説明がありますが、聴覚障害者への理解が進んでいないことが良く判ります。

○映画に関して最も腹が立つのが航空機の座席ディスプレイにある映画です。邦画は勿論のこと、洋画でも日本語字幕付が殆どありません。邦画は日本語であり、洋画は日本語吹替版になっているため字幕は必要がないとしているのでしょう。日本人でも日本語が聞き取れない聴覚障害者の存在が全く無視されています。「邦画にも日本語字幕を、という切実な願い」は航空会社に届けたいものです。
以上:1,290文字

Page Top