サイト内全検索
 

ご訪問有り難うございます。当HPは、私の備忘録を兼ねたブログ形式で「桐と自己満足」をキーワードに各種データを上記14の大分類>中分類>テーマ>の三層構造に分類整理して私の人生データベースを構築していくものです。
なお、出典を明示頂ければ、全データの転載もご自由で、転載の連絡も無用です。しかし、データ内容は独断と偏見に満ちており、正確性は担保致しません。データは、決して鵜呑みにすることなく、あくまで参考として利用されるよう、予め、お断り申し上げます。
また、恐縮ですが、データに関するご照会は、全て投稿フォームでお願い致します。電話・FAXによるご照会には、原則として、ご回答致しかねますのでご了承お願い申し上げます。
     
ホームページ更新情報          【最新記事
R 1-12- 9(月)趣味 > 代官山酒場画廊”bacchus gallery bun”のフラメンコギターの夜参加 
R 1-12- 8(日)相続家族 > 養親からの包括受遺者提起養子縁組無効の訴えの利益を認めた高裁判決紹介
R 1-12- 7(土)相続家族 > 養親からの包括受遺者提起養子縁組無効の訴えの利益を認めた高裁判決紹介
R 1-12- 6(金)相続家族 > 養親からの包括受遺者提起養子縁組無効の訴えを却下した家裁判決紹介
R 1-12- 5(木)交通事故 > 後遺障害逸失利益について死亡時までに限られないとした最高裁判決紹介
R 1-12- 4(水)交通事故 > 後遺障害逸失利益について死亡時までに限られるとした高裁判決紹介
R 1-12- 3(火)交通事故 > 後遺障害逸失利益について死亡時までに限られないとした地裁判決紹介
R 1-12- 2(月)事務所 > 2019年12月01日発行第258号”弁護士の西遊記”
R 1-12- 1(日)交通事故 > 重度後遺障害被害者逸失利益に定期金賠償を認めた一・二審判決まとめ
R 1-11-30(土)交通事故 > 重度後遺障害被害者逸失利益に定期金賠償を認めた高裁判決紹介
R 1-11-29(金)交通事故 > 重度後遺障害被害者逸失利益に定期金賠償を認めた地裁判決紹介
R 1-11-28(木)法律その他 > 対弁護士懲戒請求呼び掛け発信者情報開示請求を認容した高裁判決紹介
R 1-11-27(水)法律その他 > 対弁護士懲戒請求呼び掛け発信者情報開示請求を棄却した地裁判決紹介
R 1-11-26(火)法律その他 > 経由プロバイダは特定電気通信役務提供者に該当するとした高裁判決紹介
R 1-11-25(月)桐・IT等 > IPアドレス・経由プロバイダ等ネットワークの基礎用語覚書1 
R 1-11-24(日)法律その他 > 経由プロバイダは特定電気通信役務提供者非該当とした地裁判決紹介
R 1-11-23(土)法律その他 > 経由プロバイダは特定電気通信役務提供者に該当するとした最高裁判決紹介


この改行は必要→
【最新更新記事】 R 1-12- 9(月):趣味 > フラメンコギター

代官山酒場画廊”bacchus gallery bun”のフラメンコギターの夜参加

○令和元年12月8日は、岡弘祠フラメンコギター教室の仲間から誘われて代官山酒場画廊「bacchus gallery bun」のフラメンコギターの夜というLIVEイベントに参加しました。午後7時開演とのことで、午後6時頃、JR恵比寿駅から会場近辺までのグーグルマップを頼りに、会場に到達しました。会場入り口には左のポスターが掲示されていました。

○そのポスター、フラメンコギターの巨匠ニーニョ・リカルド氏の肖像が描かれて、横文字が巧くデザインされていると思いましたが、その横文字の内容を良く見ないで会場に入りました。私が、会場に着いたときには、私以外の参加予定の方は全員揃って、フラメンコギターを演奏する方は、既に盛んに指ならしをしていました。

○私は、令和元年11月3日FMホールで開催された第43回岡弘祠フラメンコギター教室門下生発表会で演奏したパナデロス・フラメンコス1曲だけを演奏する約束で参加しました。繰り返し記載していますが、30歳くらいまではたまにコンサート等人前で演奏し、さほど緊張することもなく、練習時と同じように弾けたのですが、ここ10年程前からは人前で演奏すると極端に緊張して練習時のように弾けなくなっていました。そのため人前で演奏する度胸試しを兼ねて、このイベントに参加することにしました。

○岡弘祠フラメンコギター教室門下生発表会終了後は、30歳の頃まで良く演奏していた「モンティのチャルダッシュ」練習に明け暮れ、パナデロス・フラメンコスは、殆ど練習していませんでした。発表会前には結構練習しており、また、シンプルでさほど難しい曲ではないので、練習しなくても弾けるだろうと高をくくっていましたが、いざ、本番、人前で弾くと指がもつれて肝心のスケールがサッパリ決まらず、全くひどい出来に終わりました。

○繰り返し、肝に銘じていますが、練習時にいくら巧く弾けたと思っても、人前で同じように弾けない限り、その曲をマスターしたとは言えません。人前で弾いたレベルが、真のレベルです。その意味で、パナデロス・フラメンコス、随分、長い間弾いていますが、いまだに全く中途半端なレベルに留まっています。まだまだ練習が必要と痛感させられた経験でした。

○イベントポスターをよく見ると「Guitarists KIICHI KOMATSU」なんて記載されていましたが、恥ずかしくて、とても、ギタリストなんて呼べません(^^;)
以上:1,001文字

Page Top