仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所案内・行事等 >    

小松亀一弁護士プロフィール

平成16年 6月24日(木):初稿 平成28年 4月19日(火):更新
弁護士 小松亀一
経歴
昭和26年8月5日生まれ、「気仙沼市」出身。小・中・高まで気仙沼で過ごしました。
昭和46年東北大学法学部入学、昭和51年同大学卒業。
昭和52年司法試験合格。昭和55年4月弁護士登録、沼波義郎法律事務所勤務、2年1ヶ月お世話になりました。
昭和57年5月小松亀一法律事務所開設~現在に至り、平成28年4月から弁護士稼業37年目に入ります。

趣味
週2回(目標)のテニス、データベースソフト桐の研鑽、
スキー(一旦挫折しましたが、高校スキー部に入った長女に触発されて再開したがやはり挫折)、
映画鑑賞でしたが、最近は殆ど観るヒマがありません、
幼児時代から大学時代まで患った右耳慢性中耳炎(化膿性中耳炎)・左耳滲出性中耳炎のため、幼児時代から徐々に聴力低下が進行し、50歳の時、聴覚障害による第6級身体障害者となりました。
それでも中学2年から始めたクラシックギター・大学時代に熱中したフラメンコギターに30代後半まで熱心にやっておりましたが、聴力低下が進んだ40代始め頃から断念していました。
ところが10年程前から補聴器の性能が向上して、補聴器を付けてフラメンコギターに、再度、熱中しています。と言っても練習時間は一日30分もありませんが。
平成16年8月、HPリニューアル作業中、過去のビデオデータの中でギター演奏を見て、再度、ギターをやる気になりましたが、練習意欲がさほど湧かないままだったところ、平成19年夏に至り、「影を慕いて」のお褒めメールを重ねて頂き,俄然やる気が起き、その後、1日30分の練習を目標として、平成30年3月現在も継続しています。
又,自宅AVルームの再構築を目指していますが、なかなか手につきません。AVは、オーディオ&ビジュアルの略です。
その他カラオケ等色々挑戦し挫折した趣味数知れず。
健康維持も趣味の一つで、平成15年10月以来、真向法を始め、15年経過しています。
大学時代と司法修習生時代に藤原ジムという筋トレジムに通い、現在は、月曜日から土曜日まで早朝真向法を始めとするストレッチ運動25分、筋トレ運動25分の50分を費やしています。
60代前半に3回程宮城県ベンチプレス選手権大会に出た経験もあります。

性格
熱しやすく冷めやすいが凝り性。 今一番熱中していることはデータベースソフト桐でのHP作り。
生来、恥ずかしがり屋(シャイ)で人前に出たがらない。そういう意味では弁護士に向いていません。
生来、謙虚で控えめな性格で、慎み深すぎるところがあり、これ又弁護士に向いていないところです。

モットー
人生死ぬまで勉強。汗を流せ、汗を流した分だけ報われる。最後は、自分の頭で考え、自分の言葉で話せ。

その他冗談半分でいつも自己紹介の時に述べるモットーは以下のとおりです。

その1-自己に甘く他に厳しい。 
自己のミスは棚に上げ、他人のミスを徹底的に追及します。

その2-根に持つ性格です。
受けた恩義はすぐ忘れ、受けた恨みはシッカリと心に刻み、子、孫、と伝えて100年に渡ってたたります。

以上のモットーは、笑いを取るとのさもしい目的もありますが、人間の本質と考えてあげました。
自戒の意味を込めて自己のモットーにしております。

以上:1,319文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所案内・行事等 > 小松亀一弁護士プロフィール