仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > AV >    

当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中7

平成29年 5月 3日:初稿
○「当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中6」の続きで、私自身のための備忘録です。
当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中6」に「民生用HDカメラは、長いHDMIケーブルでの映像信号出力は問題があり、夢のハイビジョンスタジオを民生用HDカメラで実現することは黄信号がともっています。」と記載していました。

○スイッチャーVR-4HDに繋ぐためのHDMIケーブルの長さは、1カメが5m、2カメが15m(10m+5m)、3カメが20m(10m+10m)、4カメが10m必要で、そのセッティングに大変手間取りましたが、5月3日の午前中までかかり、なんとか、決まりました。4カメ10mが余裕がなかったため7mケーブルを新たに購入して7m+5mの12mにしました。

○1カメだけ5m一本でつなげますが、2~4カメは、途中、途中で「HDMIリピーター」をかませて2本のつなぎ合わせていましたが、時々、映らなくなり何度も試行錯誤を繰り返している内に、「HDMIリピーター」は、「IN」と「OUT」が決まっており、この方向を間違って接続すると映像信号が送られないことが判りました。こんな基本的なことを判らないために、大変な無駄な時間をかけてしまいました。

○現在利用している3台の民生用HDカメラは、2台がミニHDMI出力のためノーマルHDMIケーブルに繋ぐためには「ミニHDMI変換アダプター」が必要で、大小2種購入していましたが、小さい物は何度も抜き差ししている内に壊れてしまいました。「ミニHDMI変換アダプター」多少価格が高くても大きくガッチリしたモノが必要です。

○5月3日午前中の作業で、ようやく、HDMIケーブル配線が終了し、ヨドバシ仙台店でHDカメラを見に行きましたが、私が必要な録画能力は不要で、単にハイビジョン信号での映像を長いHDMIケーブルで出力できるだけでシンプルなカメラはありませんでした。ネットで色々業務用カメラを含めて調べているのですが、どうやら、私が望むようなカメラは発売されていないようです。私のような使い方をする人が殆どおらず、需要がないからと思われます。

○現在ある3台の民生用HDカメラで最も安定しているのが、やはり、ノーマルHDMI出力のソニー「HDR-HC3」です。このカメラは、10年以上前に、私の初めて民生用HDカメラとして購入していました。発売は2006年で、まだ取扱説明書PDFファイルがダウンロードできるのは有り難いところです。現在、ノーマルHDMI出力の機種は発売されておらず、ミニどころかマイクロHDMI出力の機種が増えているようです。ですから、ノーマルHDMI出力の「HDR-HC3」は貴重です。アマゾンで中古品を探すと2,3万円で購入できるので1台購入申込をしたところです。

○5月3日、午後になって、レーザーディスクやオンステージカラオケ等の音声が入力できるようにソニーのセレクターからの音声出力ケーブルの一つを「HDMI対応4chコンパクトスイッチャーVR-4HD」の音声入力端子に繋ぎ、映像は3台のHDカメラ、音声はレーザーディスク等を合成してのPCへの直接録画の実現を目指しました。なお、そのためのソフト「Video Capture for VR Ver.2.2 for Windows (64ビット版)」5月1日に長尾弁護士の協力を得てインストールを完了して、使えるようにしてありました。

○取り敢えず、ソニーセレクターから従前「映像版デジ造(PCA-DAV2)」に繋いでいた音声ケーブルをスイッチャーVR-4HDのオーディオイン端子に繋ぎ、取扱説明書に従って入力音声の調整のための音量つまみ等を操作してこれで音声が入力されるはずでした。しかし、どういう訳か、PCの「Video Capture for VR」を立ち上げ、レーザーカラオケをかけて、音声入力レベルメーターを見るもいっこうに反応しません。スイッチャーVR-4HDの音声入力レベルメーターも動きません。

○色々試行錯誤を繰り返している内に先ずスイッチャーVR-4HDの音声入力レベルメーターが反応するようになりましたが、PCの「Video Capture for VR」のレベルメーターは相変わらず動きません。ハタと、サウンドの録画デバイス設定に気づき、これを開いてスイッチャーVR-4HDを有効化することでようやくPCの「Video Capture for VR」のレベルメーターも動くようになりました。この辺は長尾弁護士が居れば直ぐに判ったのですが、私一人だと時間がかかります(^^;)。

○結構な時間と労力がかかりましたが、ようやく、3台のHDカメラでの映像とレーザーカラオケの音声を合成した動画ファイルとしてPCに保存できるようになり、最初に私の下手なカラオケを録画してみました。これを再生して、ハイビジョンの綺麗な映像で私の老醜ぶりがクッキリ記録されたのには、現実の厳しさをシッカリと自覚させられ、一気にやる気を削がれてしまいました(^^;)。
以上:2,096文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > AV > 当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中7