仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士の営業 >    

赤坂エクセルホテル東急ジュニアスイートルーム臨時執務室紹介

平成27年 1月14日:初稿
○私は、建前上は日弁連業務改革委員会参加のため1ヶ月に1回は上京します。「さよなら赤プリーお世話になりました」記載の通り、平成14年半ば頃から東日本大震災が発生した平成23年3月までほぼ9年間は赤坂見附のグランドプリンスホテル赤坂(赤プリ)が定宿でした。しかし、赤プリが平成23年3月末日で営業を終了し、その後、平成23年5月以来、今日まで、赤坂エクセルホテル東急が定宿になっています。

○赤坂エクセルホテル東急は、地下鉄赤坂見附駅から1分程度で到着し、何より1階にコンビニのセブンイレブンが入っているのが大変便利です。赤プリ時代は、売店は赤プリ内3階のホテル内売店だけで、品数は少なく、且つ、割高でした。しかし、セブンイレブンは、食品・アルコール類から文房具用品まで一通り揃っており、朝食は、自宅と同様にセブンイレブンから購入する豆乳で間に合わせています。更に200円程度のサラダを加えたりして部屋で取ります。安上がりに済むのが何よりです(^^;)。

○宿泊部屋は、日弁連業革委員会日程に合わせて3ヶ月前に、ネットで一番安い部屋(9000~1万3000円)を予約し、チェックイン時に1万円追加してジュニアスイートルームに変更して貰います。赤プリ時代は、1万円の追加でスイートルームに変更して貰いましたが、赤坂エクセルホテル東急のスイートルームは追加料金1万5000円と高いのでジュニアスイートルームで我慢しています。

○最近は、5000円追加で、プレミアルームにすることも多くなりました。「赤坂エクセルホテル東急プレミアダブル(ツイン)ルーム紹介」記載の通り、流し場として、3Wawシャワーブース付きの広いバスルームが気に入ったからです。日本人は、バスタブの中で洗髪をするのがちと気持ち悪く、流し場は別にあった方が快適です。

○しかし、お客様との打合せがあるときは、プレミアルームでは打合せができる応接ルームがないため、ジュニアスイートルームにせざるを得ません。ジュニアスイートルームは、元々2部屋だったものを一つに繋いで、一室が応接ルームになってお客様用の洗面・トイレがあります。以下、赤坂エクセルホテル東急ジュニアスイートルームに附設した臨時執務室を紹介します。この臨時執務室で、東京のお客様の仕事も、仙台の事務所に居るときと同様にこなすことができます。

1.赤坂エクセルホテル東急ジュニアスイートルーム内臨時執務室全景、お客様用洗面・トイレもあります、お客様用テーブル
    

2.弁護士執務机、お客様が居ないときは、トリプルディスプレイで執務します、ワイヤレスキーボードにマウスがスッキリして便利です、ディスプレイ等の配線状況
    


3.お客様が来ると、弁護士執務机上のディスプレイを一つ外して、お客様用テーブルに移します、弁護士机のディスプレイとお客様テーブル上ディスプレイは同じ画面として、お客様の話を聞きながら、桐画面で訴状・準備書面等の編集をします、仙台の事務所と同じ状況で作業できます
     

4.編集した訴状・準備書面・委任状・委任契約書等は、新発売エプソンインクジェットプリンターPX-S05Wで印刷してお客様にお渡しし、委任状・委任契約書等もその場で作成できます、このプリンターは重さ1.6㎏で持ち運びが苦になりません、これらによって何処に行っても執務室を作ることができます
    

○先日、この赤坂エクセルホテル東急ジュニアスイートルーム臨時執務室で、東京在住交通事故事件お客様と訴状作成等の打合せをして委任状・委任契約書作成作業をしました。当HPを見てのご依頼でしたが、熾烈な医学論争必至の難しい事件で遣り甲斐のある事件です。これからは、臨時執務室を利用して東京の事件も受任したいと思っておりますので、難しい交通事故事件等でお悩みの方はご遠慮なくお問い合わせ下さい(^^)。
以上:1,589文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士の営業 > 赤坂エクセルホテル東急ジュニアスイートルーム臨時執務室紹介