仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐HPB1 >    

最新版桐HPBの仕組みについて

平成18年 2月20日:初稿
○最新版の桐HPBでは概ね次のようにして当事務所HPを作成しています。
先ずデータは当事務所サーバーにあるHP.tblに殆ど全てが入っております。このHP.tblには現在920レコードがあり、一レコードについて一ファイルが作成されます。

○HP.tblは、日付、最終更新日の2つの日付項目があり、新規追加レコードは、何れの項目にも追加した日のデータが自動入力されます。日付によってファイル名が自動作成されます。例えば平成18年2月20日1番目のレコードのファイル名は、06022001.htmとなります。

○記事内容は、分類、値分類、細分類、値細分類、テーマ(小見出し)、内容の各項目に必要データを入れていきますが、分類、細分類は、分類表.tblを表引きし表示してその中から選択して入力し、値分類、値細分類は、分類、細分類のデータによって自動的に対応した番号が入力されます。値分類、値細分類は、分類、細分類のデータの順番を決めるものです。各細分類には何れも「その他」が最後にありますが、値分類は、全て共通の20になっています。

○内容作成は、所定フォームにテキストデータを入れていくだけですが、太字化、文字の色サイズ変更下線引き、<>等の記号入力、等幅化等のタグ入力は、必要なデータの範囲指定をして、所定のコマンドボタンのクリック一つで出来ます。タグ構造不勉強の私にも簡単にタグ入力が出来ます。一旦入力したタグの一括消去もクリック一つです。

○フォーム画面で所定の入力済みのレコードは、原則として通常更新ボタンをクリックすることで2日分のデータが一レコード毎の一htmlファイルとして自動作成され各分類毎のフォルダに収められ、分類毎の目次ファイルも自動更新され、新レコードによる新ファイルのテーマが各細分類毎に追加記述され、トップページには、最終更新日の日付の新しい順に10レコード分が表示されますが、これらの作業がワンクリックで自動的になされます。
HP内の各コンテンツ間の「次へ」、「前へ」等のリンクボタンも自動作成・更新されます。

○これらのhtmlデータは、一旦、当事務所サーバー内のHDに作成され、自動表示されて内容を確認し、これで良しとなったら、web送信ボタンをクリックすることで、新たに作成されたトップページ、各目次ファイル、追加ファイルが、web上の各分類毎の所定フォルダに自動送信されます。

HP作成、更新が、メールを書いて送信する動作の感覚で実現出来ます。私自身はデータを考えるだけで、面倒なhtml化、webへの送信作業は僅かクリック二つですみ、HP作成が全く苦になりません。

○以上が超便利な桐HPBの仕組み概要ですが、その仕組み詳細についてもイベントファイルを勉強して、作成者【多遊】さんのご了解を受けた上で、紹介できるようになりたいと思っているところです。
以上:1,185文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐HPB1 > 最新版桐HPBの仕組みについて