仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H16~H21) >    

平成20年スペイン事務所旅行出発

平成20年11月15日:初稿
○平成20年11月14日夜からスペイン事務所旅行のため成田空港近くの成田空港近くのANAクラウンプラザホテル成田に来ています。「ラスベガス&ディズニーランド・リゾート旅行出発」に「平成20年以降は先細りになりこの事件での収益は激減することが明白です。そこで海外事務所旅行も今年が最後ではないかと奮発しての旅行となりました。」と記載したとおり、平成20年は海外旅行は無理と思っていたのですが、お陰様にてこのHPを見てのお客様も増え、何とか、海外旅行が実現しました。

○平成20年はスペイン夢紀行8日と題する添乗員付きの格安パック旅行ですが、今年こそ最後の海外事務所旅行と覚悟して楽しんでこようと思っております。日本時間11月15日午前11時10分成田空港発スイスインターナショナルエアラインズでチューリヒへに向かい、チューリヒへから同じ飛行機で先ずバルセロナに入り、バレンシア、グラナダ、セビリア、マドリッドと6泊して11月22日(土)早朝成田空港到着の飛行機で日本に帰ります。

○中学3年の時に有名ギター曲のアルハンブラの想い出に挑戦して以来、あこがれの地であるグラナダのアルハンブラ宮殿見学は3日目に予定されています。残念ながら同宮殿で最も有名な「ライオンの中庭(獅子のパティオ)」は修復工事中で見学できないとのことですが、スペイン旅行を決めたこの1ヶ月、遠きアルハンブラ宮殿に思いをはせてアルハンブラの想い出の練習を毎朝15分程継続してきました。なかなか満足な演奏が出来ませんが、何より、この曲を繰り返し練習しようとの意欲が出てきたのが、スペイン旅行企画の収穫でした。40年来のあこがれの地をシッカリと瞼に焼き付けてこようと思っております。

○本場のフラメンコショー見物、ギターショップ巡り等あれやこれやしたいことはあるのですが、パック旅行のためどれだけ自由時間が取れるか不明です。旅行通の友人から次のメールを頂き、大いに参考にして、先ずは初めてのスペインの香りを味わうことから始めます。

そろそろ出発ですね。
添乗員付きとのことですので、効率よく見所を回れますね。バルセロナではきっとたくさんのガウディ建築を見られるでしょうが、もしも機会があったら、夜にそれらの建築物を見てみてください。
サグラダ・ファミリア、カサ・パドリョ、カサ・ミラなど、どれも美しくライトアップされています。
特にサグラダ・ファミリアは昼間見るとその大きさに圧倒されますが、夜は幻想的で、別の姿を見せてくれます。
南の方も回られるのでしょうか。グラナダ、ミハス、ロンダ、どれも田舎ですが魅力的な街です。また、南に向かうにつれて物価が下がっていくので、小さな土産物屋を覘くのも楽しいでしょうね。
お気をつけて、秋のスペインを楽しんでいらしてください。

○そんなわけで、今後1週間更新が遅れるはずですが、スペインのホテルもラン設備は整っているとのことで、可能な限り私なりのスペイン情報を発したいと思っております。
以上:1,229文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H16~H21) > 平成20年スペイン事務所旅行出発