仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > ロースクール日記 >    

H16-4-11(日)初授業

平成16年 4月11日:初稿 平成17年 1月 8日:更新
今日は入学して初めての授業が行われた。

 1,3限目は実務刑事法という授業。刑法の成瀬先生、刑事訴訟法の佐藤先生と元検察官の藤宗先生が3人で行っていく授業だという。今日は藤宗先生が1,3限目を使って講義・・・というよりは講演を行ってくださった。1限目の終わりに資料を渡され、3限目までに読んでくるように言われた。

 しかし私は2限目の民法発展演習をとるつもりでいたので、お昼休みに読むしかない。さすが法科大学院、初日から厳しいな、と思いながら演習の説明を受け、昼食の時間に資料を読み、3限目にのぞんだ。そして4限目は民事要件事実論という授業。

 1,3限目の実務刑事法は必修で、他は選択だが、どちらも興味があったので、私は前期は必修以外はその二つを履修することにした。民法発展演習は、元裁判官の石井先生と、現裁判官の畑先生が、一週間交代で判例の研究を行ってくださるゼミで、実務家の方から直接身近に指導を受けられるということ、それから説明会での先生方の人柄に惹かれ、履修を決めた。

 民事要件事実論は畑先生が隔週で行ってくださる授業で、準必修といっていいくらいの大事な授業だと聞き、履修を決めた。私の予定では、木曜は1~4限がすべて埋まっており、ややハードだが、他の曜日は1日1~2つの予定なので、なんとかなるだろう、と考えた。
以上:562文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > ロースクール日記 > H16-4-11(日)初授業