仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > 音楽 >    

ゆったりとした時間が流れるハワイの音楽堪能

平成21年11月 2日:初稿
○平成21年11月1日、午後5時からワークピア横浜でハワイアンミュージックショーを鑑賞してきました。70年代後半にオロマナというデュオのメンバーとしてデビューしてハワイの音楽シーンをリードした大御所ジェリー・サントスさん、ウォーリー・スエナガさん、ライアン・タングさんの3人のメンバーによるハワイ音楽です。

○リーダーのジェリー・サントスさんは、18歳でプロデビューし、グループオロマナの創立メンバーの1人として、また、リードシンガーとして、ハワイの音楽と現代的なリズムを融合させて独特の判りやすい音楽スタイルを創り出す役割を果たしたとのことですが、ショーの冒頭から感じたのは、ハワイの音楽はゆったりとした時間が流れると言うことでした。

○平成20年11月に事務所旅行でスペインに行き、本場のフラメンコショーを鑑賞してきましたが、こちらは激しい躍動感溢れるリズムで、悪く言えばせわしない面もありますが、ハワイの音楽は、実にゆったりと流れ、これがまた心地よさを誘うものです。オロマナの3人のメンバーは皆ボーカルもこなしていますが、特にリードボーカルのジェリー・サントスさんの声はしなやかに流れ正に心地よいものでした。

○このハワイアンミュージックショーの主催者は私の郷里気仙沼のA弁護士夫妻で、A弁護士からの誘いで鑑賞となりました。おそらく200人前後の参加者で、A弁護士の同業関係者はその同伴者も含めて10名にも満たないもので、殆どがハワイ好きと言うことで集まっているとのことでした。ジェリー・サントスさんの日本人ファンの集いと言ったところでしょうか。

○A弁護士夫人Bさんは、1年の内3分の1はハワイに滞在するというハワイ好きでハワイと言えばフラダンスですが、フラダンスの名手で、フラダンスに限らずハワイ音楽更にハワイの歴史にも通じておられ、正にハワイの歴史・文化全般に精通されています。おそらく日本のハワイファンネットワークがありB夫人がその中心的役割を果たし、そのネットワークの方々がワークピア横浜のハワイアンミュージックショーに集まったものと思われます。

○ショーは、当初1時間和洋中の料理を堪能し、更に2時間近くにわたりハワイ最高レベルの音楽をゆったりと、且つ飛び入りのバイオリン、B夫人を含めたフラダンス等を交えて、しっとりと楽しませていただきました。普通は、これだけの料理とスタッフでは、少なくとも2万円以上はするはずで、これで会費1人8000円はホントに安いものです。A弁護士夫妻の太っ腹がなければ実現不能な有り難い催しであり、主催者A弁護士夫妻に心から感謝申し上げます(^^)。

挨拶する主催者A弁護士
   

飛び入りバイオリンとフラダンス
   
以上:1,119文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > 音楽 > ゆったりとした時間が流れるハワイの音楽堪能