仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > テニス >    

宮城県社会人テニス協会公式試合-シングルスは厳しい

平成18年10月29日:初稿
○久しぶりにテニスの話題です。
今の私の趣味で一番の楽しみは、ツルカメテニスクラブと言う名称のテニスサークルでの10数人の仲間と毎土日祝祭日早朝のテニス練習をすることですが、ランダムズⅡという名称で宮城県社会人テニス協会にも登録して、毎年秋にブロック内リーグ戦にのぞんでいます。

○宮城県社会人テニス協会は、「無念、テニス途中でのこむら返り!」記載の通り、1ブロック6チームとして、強いチームからA乃至Hの8ブロックに原則各6チームが配属され、ブロック内でリーグ戦を行い、1位チームは自動的に上位ブロックに上がり、2位チームは上位ブロックの5位チームと入替戦を行い、勝てば上位ブロックに上がることが出来るものです。

○1試合8ゲーム先取制でシングルス3、ダブルス2の5試合の勝率で勝敗を決めますが、我がランダムズⅡは、5年程前から参加しているところ、当初、3年間は1勝も上げることが出来ず、一昨年ようやく1勝、昨年1勝で到底上位ブロックにあがれず万年最下位ブロックに留まっています。

○昨日平成18年10月28日はその宮城県社会人テニス協会リーグ戦最後の公式試合で、協会最古参チームでベテランテニスプレーヤー揃いのTテニスクラブと対戦しました。そのため午前8時頃から午後5時近くまで途中昼食を挟んでほぼ1日テニス漬けでした。

○私のツルカメテニスクラブ内ランキングは実質は10番目位のところ登録上は4番目のため昨日はシングルス1での出場でした。各チームシングルス1は抜群に若くて強い選手を出してくるため私はいわば「捨て駒」での参加することに意義を求めての参加でした。

○ところが、ところが協会最古参Tチームのシングルス1の方は、私より少し若い程度で且つ小柄な私より更に小柄な方で、相手のサービスから試合が開始しましたが、最初サービスゲームをブレークしたためヒョッとして勝てるのではと色気が出てきました。

○しかし最初の私のサービスゲームもブレークされ、結構、厳しいラリー戦となり、何とか勝ちゲーム数を取りたくて、私も、右に左に前に後ろに懸命にコート内を走り回りましたが力及ばず、結局、8-3のスコアで負けました。しかし、負けたとは言え、充実した試合をすることが出来、又チーム全体では3勝2敗で初のリーグ戦2勝目を上げることが出来、満足できる結果でした。

○公式試合終了後の懇親試合で対戦したTテニスクラブのAさんは、協会最古参のベテランプレーヤーで、長く協会会長を務めておられますが、64歳になった今もTテニスクラブ№2の実力者で、年齢には見えない若々しい溌剌としたテニスを楽しんでおられます。私もAさんのように長くテニスを楽しんで行きたいと思った次第です。
以上:1,113文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > テニス > 宮城県社会人テニス協会公式試合-シングルスは厳しい