仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 教育・家族等 >    

ニート問題の関連する恐い話

平成17年 3月27日:初稿 平成17年 5月15日:更新
全国クレジット・サラ金問題対策協議会の事務局長である大阪の木村達也弁護士の「木村事務局長日誌」の一節に現在の高校生事情での恐い話が掲載されています。
この厳しい現実を観るとニート問題とは実は大変根深い問題であることが判り、長文ですが以下に援用させていただきます。

ある高校の先生から聞いた話だけれど、これは恐い話である。

市内のある高等学校では(確かにこの高校は府下でA・B・Cランクで言えばCランクだそうであるが)自分の名前を漢字で書けない人、九九のできない人がクラスに1割はいるのだそうだ。入学試験は全科目0点でも入学できる。

そして300人の新入学生のうち、53%が2年生に進級する。47%は1学年中に授業について行けない、面白くないとの理由で退学(怠学)してしまう。そして3年生を卒業できるのは入学時の43%であるという。

約130名位の卒業生の内、就職できる者は40名位で、後は教師がどれだけ面接試験を指導し受けさせても不合格になってしまう。7~8回も面接不合格になると生徒達は大抵就職を諦めてしまう。この生徒達はたとえコンビニのアルバイトのような仕事でも厳しい面接で排除されてしまうそうだ。

この子供達は就職できないまま、毎日ぶらぶらしてコンビニの前にたむろする“コンビニ族”を形成する。今、時間給850円のアルバイトに就けても1人の人間が最低の生活をしたとして月当たり17万5000円を要するが、コンビニで1ヶ月一生懸命働いても10万円にしかならないそうだ。どうしても不足が生ずる。

この不足分を補うのが親からの借金かサラ金やクレジットカードの借金だという。サラ金やクレジットカードの支払いに追われ出すと若者達は加害者に変身するのだそうだ。かっぱらい、窃盗、詐欺などの犯罪に走るか、やばいアルバイトに手を出してゆく。例えば1時間1500円のアポ取り電話や風俗、暴力団関係の仕事に就くのだという。

こんな子供は母子家庭の子供が多く、学校から帰っても母親は夜働いており、毎日500円硬貨一枚をもらってコンビニの弁当とタバコを買うそうな。コンビニの弁当を毎日食べて、テレビゲームをして過ごすと必ず身体は不健康に肥満してくるという。親が小さい頃から水泳や野球などのスポーツクラブや学習塾に通わせて健康や生活管理をしてようやく子供が授業について行け(進学校には肥満児はいないと言う)、進学・就職にも勝ち残れるのだそうだ。

こうして子供時代から勝ち組と負け組が分かれてゆくのだが、学校の先生は1人でも進学できる勝ち組を教育したいので負け組は手をかけずに放置してしまう。「お前らは学校に出てこなくとも良いから他の人間の邪魔をするな。学校に来なくても卒業はさせてやるから…」と公然と言うそうだ。

以上:1,137文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 教育・家族等 > ニート問題の関連する恐い話