仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > データ通信等 >    

ノートパソコン2台と補助ディスプレイ1台で悪戦苦闘中

平成26年 5月12日:初稿
○平成26年5月12日開催日弁連業革委員会出席のため前日から赤坂エクセルホテル東急に宿泊しています。これまではネットで一番安い部屋を予約して、チェックイン時に1万円を追加してジュニアスイートルームに変更していましたが、今回は、半分の5000円追加でプレミアダブルルームに一人で宿泊しています。たまたま前回、アップグレードチケットだけでプレミアダブルルームをサービスされて試しに宿泊してみたら、バスが広く、バスタブと流し場が分離されてシャワーも多彩についていたのが気に入ったからです。

プレミアダブルルームには、リビングルームがなく、お客様との打ち合わせはできませんが、この打ち合わせがないときは、プレミアダブルルームで十分で、むしろ快適ではと思いました。今回は、プレミアダブルルームに、NECノートパソコン「LaVie Z LZ750/NSB」、平成26年4月半ばにヨドバシ仙台店で衝動買いしたソニーノートパソコンSONY VAIO Tap 11オーナーメイド版の2台のノートパソコンとディアル用ディスプレOn-Lap 1502Iを持ち込み、トリプルディスプレイとして、TeamViewer経由で事務所サーバーに入り込み、あれやこれや悪戦苦闘しています。

まずは設置状況ですが、説明は徐々に加えていきます。

ソニーノートPCのキーボードを補助ディスプレイOn-Lap 1502Iのすぐ前に置いて使用できます。キーボードディスプレイ一体型ノートPCだと、On-Lap 1502Iを見ながらキーボードを打つ場合、顔の向きとキーボードの位置が異なるため大変打ちづらい面がありましたが、キーボードの位置を自由に変えられる分離型ノートPCの場合は、これが解消されて大変便利です。
 

先ずTeamViewer経由で事務所サーバー仮想WIN8.1に入り、WOLControlleで事務所703号室クライアントパソコンに電源を入れます。この事務所703号室クライアントパソコンは、私が事務所にいるときにメインで使用するデスクトップパソコンです。トリプルディスプレイを使用しているため使いやすいからです。さらにこのパソコンにスターファックス15のサーバーを置いているため、このパソコンに電源が入っていないと他のクライアントパソコンではスターファックス15が使えません。


この事務所サーバー仮想WIN8.1から事務所内の他のパソコン電源を入れることができるようになったのは、当事務所SE曽根氏の提案で最近セッティングして貰いました。遠隔地からネット経由で電源操作ができるとは聞いていましたが、実際使用してみるとホントに便利です。


次にTeamViewer経由で事務所703号室クライアントパソコンに入り込みます。このパソコンは、トリプルディスプレイとして使用しているため3つのモニターを全部表示することができます。出張先でもモニターが3つあれば事務所703号室クライアントパソコンと同じ環境で使用することができます。SONY VAIO Tap 11のディスプレイとディアル用ディスプレOn-Lap 1502Iでダブルディスプレイとして使用できますが、残念ながら、現時点では、NECノートパソコン「LaVie Z LZ750/NSB」は3台目のディスプレイとしては使用できません。これをどうやって実現するかが今後の課題です。
 

On-Lap 1502Iに桐HPBフォームを表示しています。


SONY VAIO Tap 11に桐メニューフォームを表示しています。
 

SONY VAIO Tap 11の分離キーボードです。
 

3台並べた状況


裏側、世界最小スイッチングハブ、USBハブ等でゴチャゴチャしています。 


ワイヤレスマウスを探していたら、平らなものを発見しました。使うときだけ丸めるとスイッチが入ります。未使用時平らで厚さ1㎝程度ですから持ち運びには便利と思って衝動買いしました(^^;)。
   
以上:1,627文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > データ通信等 > ノートパソコン2台と補助ディスプレイ1台で悪戦苦闘中