仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 筋トレの話し >    

無念!第2回秋季宮城県ベンチプレス選手権大会惨敗-フォーミュラ考

平成26年11月18日:初稿
○「無念!第2回秋季宮城県ベンチプレス選手権大会惨敗-再起を期す!」を続けます。
宮城県パワーリフティング協会HPのトップページに「第2回宮城県秋季ベンチプレス大会・大会結果のお知らせ」として大会結果(H26.11/16)がPDFファイルで掲載され、画像として紹介していました。この大会結果の右端に総合順位欄があり、これはその右隣の「フォーミュラ」欄の数値の大きい順です。私のフォーミュラ数値は僅か「74.33」でピリから2番目です。これが惨敗と記載した理由の一つです(^^;)。

○「フォーミュラ」については「第36回宮城県ベンチプレス選手権大会結果発表」でも説明していますが、再度、備忘録です。
「WILKS FORMULAについて」と言うサイトで「パワーリフティングの大会では、体重によって記録が大きく異なるものです。そこで、全階級を通じて誰が一番強いかを決めるための補正係数が考え出されました。それが、WILKS FORMULAというものです。」と説明されています。

○この「フォーミュラ」を簡単に知ることができるサイトがあり、以下のように表示されます。

体重欄、記録欄にデータ入力して「計算」ボタンを押すと「F値」としてフォーミュラ値が出てきます。

○私の第2回秋季宮城県ベンチプレス選手権大会でのフォーミュラ値「74.33」は、6級止まりです。フォーミュラ値は、体重との関係で決まるもので、概ね体重と同じで10級、体重の1.5倍で5級、体重の2倍で初段、体重の3倍で名人とランクされています。名人は世界チャンピオンクラスで、我が筋トレ師匠川上利宏氏は、全盛期の30代半ば頃には名人クラスでした。私にとっては夢のまた夢の世界です。体重58㎏の私が当面の目標としている100㎏を挙げてもフォーミュラ値は「88」でまだ3級です。初段になるには115㎏を挙げなければなりません。

○第37回宮城県ベンチプレス選手権記録表を見ると、私の記録「80 85 90」と全く同じ記録の方が74㎏級にいました。所属が「仙台東高校」と記載されています。この方は、半年後の第2回秋季宮城県ベンチプレス選手権大会記録表を見ると16歳の年齢表示で記録は「100 105 110」となっています。16歳ですからおそらく高校1年生です。僅か半年で、記録が20㎏も伸びており、記録が下がった私にとっては、ただただ羨ましい限りです。

○今回、記録が下がったと報告すると周囲から、「まだ頑張れ」と励まされるかと思ったら「もう歳も歳なんだから、余り無理して身体を壊さないように」と言われてガックリきました(^^;)。しかし、繰り返し記載していますが、畏敬する仙台在住伏見啓氏は、平成22年3月30日に北米フロリダ州オーランド市での第10回世界マスターズベンチ大会56㎏級で、当時72歳で122.5㎏を挙げています。63歳とまだ若い私は、「もう歳だと諦めず」伏見先輩に少しでも近づくべく精進する覚悟です(^^)。
以上:1,227文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 筋トレの話し > 無念!第2回秋季宮城県ベンチプレス選手権大会惨敗-フォーミュラ考