仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > その他健康 >    

健康に良い食べ合わせ-例えば赤ワイン+ピーナッツ

平成24年 7月18日:初稿
○「健康に悪い食べ合わせ-例えばレモンティー」を続けます。
一番感激したのが
●赤ワイン+ピーナッツ
です。その解説は以下の通りです。
赤葡萄の皮や種に含まれるレスベラトロールという成分は、サーチュインという長寿遺伝子のスイッチをオンにして、血管を若々しく保ち寿命を延ばす可能性がある。ピーナッツの薄皮にも豊富に含まれるので、赤ワインを飲みながらつまめば最強の組み合わせだ。
○そこでこのレスベラトロールをネットで調べると、「レスベラトロールサプリメントの効果・効能『嘘?本当?』」なんてサイトが出て来ました。冒頭に以下の通り記載されています。
NHKスペシャルで注目を浴びた長寿遺伝子
2011年6月12日放送のNHKスペシャル『あなたの寿命は延ばせる』で一躍世間に知られるようになった「レスベラトロール」。
ポロフェノールの一種であるレスベラトロールを摂取することで、生命体が飢餓対策として獲得した"サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)"を活性化させ、「老化を遅らせることができる=寿命が延ばせる」というもの。
この放送をうけ、『いつまでも健康で若々しく長生きしたい!』という多くの人々がレスベラトロール含有のサプリメントに飛びつきました。
ところが、NHKスペシャル3ヶ月後の英科学史「Nature」にてUniversity College Londonの研究チームにより、次の内容の論文が発表されました。
「サーチュイン遺伝子には、寿命を伸ばす効果はない」
なんと、サーチュインレベルだけを厳密に操作した実験にて、「寿命延長にサーチュイン遺伝子は関与していない」という結論に達しています。
(中略)
さて、ここまでにご紹介したレスベラトロールの効果・効能をまとめると、
・ 老化遅延
・ アンチエイジング(若返り)
・ 健康促進
の3点に集約されます。天然物質であるレスベラトロールには副作用の報告もありませんので、できる限り積極的に摂取していきたいところです。
では、このレスベラトロールは一体どのように摂取していけばよいのでしょうか?
一部のメディアでは、『ブドウの果皮や落花生の種皮・赤ワインから摂取可能』とされています。確かにそうした情報は嘘ではありませんが、実際それらの食品に含まれるレスベラトロールはとても微量なものです。
○一体、どっちなのよと言いたい記事ですが、最後は、オーガニックレスベラトロールというサプリメントの宣伝で終わっており、結局は、これかと、納得しましたが、サプリメントを根拠もなく信用しない私は、冒頭の「赤ワイン+ピーナッツ」に戻ります。但し、「ピーナッツの薄皮にも豊富に含まれる」との記述は、落花生から固い殻を破って出てくる赤皮付き「南京豆」の赤皮のことを言うのでしょうか。とてもあれは食べられたものではないはずですが。

○私は、枝豆も大好きですが、皮からむかれて豆だけになったものは余り好きではありません。同様に、マメだけになったピーナッツより、その2段階前の落花生が大好きです。要するに自分で皮をむいて食べるのが好きなのです。落花生が目の前にあると全部なくなるまで食べ続けますので、体脂肪抑制中の私には禁物です(^^;)。なお、硬いから殻付きが「落花生」で、この殻を破って出て来た赤皮付きの段階は「南京豆」、赤皮をむいた最後の豆だけが「ピーナッツ」と呼ぶそうです。「南京豆」の赤皮は甘皮が正式の呼び名のようです。

○夏場は、ビールに枝豆が定番で、夕食前に350ml缶ビールと枝豆山盛りを取りますが、残念ながら、良い食べ合わせ例には、
●ビール+枝豆
はなく、
●ビール+キムチ
になっています。
この話題、別コンテンツで続けます。
以上:1,504文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > その他健康 > 健康に良い食べ合わせ-例えば赤ワイン+ピーナッツ