仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し >    

嗚呼!メタボ症候群か-平成20年がん・生活習慣病健診

平成20年 9月25日:初稿
○大分類「健康」の中分類「嗚呼!メタボ症候群か-」シリーズは、平成19年10月19日記載「嗚呼!メタボ症候群か-平成19年がん・生活習慣病健診」の「平成19年10月18日健診の結果、何と腹囲が86㎝で体脂肪も25%以上になり、体重も身長を基準にした理想体重を8㎏近くオーバーしています。体重は殆ど変化がないのですが、血圧の、特に、上が嘗て無く高くなっていたには愕然としました。正にメタボ症候群の兆候です。」との記載から始まりました。

○その約11ヶ月後、平成20年9月24日、財団法人宮城県対がん協会「がん・生活習慣病健診」を受けてきました。平成19年10月18日の受診結果では、身長163㎝、体重65.6㎏、ウエスト86㎝、体脂肪率26%でしたが、平成20年9月23日の受診結果は身長162.3㎝、体重59.5㎏ウエスト76.9㎝、体脂肪率10数%と大幅に改善されていました。

○身長が162.3㎝と0.7㎝縮んだのが気になりましたが、それ以前の身長を見ると162.5㎝なんて結果もありました。四捨五入して163㎝を公称していましたが、四捨五入すると162㎝になるのが残念なところです(^^;)。驚いたのはウエストが76.9㎝と計測されたことでした。普段自宅で計測すると78㎝止まりでしたが、更に減り、11ヶ月で9.1㎝減ったことになります。

○月曜から金曜までは毎朝ツルカメフィットネススタジオで、10分程度の真向法を中心としたストレッチ運動と15~20分程度の筋力トレーニングを継続し、更に土日祝祭日は、毎朝1~2時間の早朝テニスと午後はゴールドジム仙台に通っての1時間程度の筋トレを継続し、おそらく50代後半の運動量としては多い方と思われますが、現時点ではこれらの運動をすることが楽しい状況です。

○人間、贅沢なものでウエスト86㎝もあった平成19年秋に比較すると77㎝に減った平成20年秋時点でのお腹の皮は相当薄くなっているはずですが、そのタルミが気になっています。もう2~3皮は薄くして更に引き締まったお腹にしたいとの願望が出てきました。

○老眼の進行が気になっていた視力も右1.0,左0.7で平成19年の検査結果と変わらず、ホッとしました。驚いたのが左耳の一部の聴力が10dbアップしていたことです。聴力はその時の体調で10db程度は動きますので、大したことではないのですが、少しでも改善されたとの報告は嬉しいものです。

○問題の血圧も上120代、下70代で標準に戻っており、今後も楽しみながらの運動を継続していきたいと思った次第です。
以上:1,063文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し > 嗚呼!メタボ症候群か-平成20年がん・生活習慣病健診