仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 真向法 >    

真向法2年経過写真撮影未了-「健體康心」紹介

平成17年11月 1日:初稿
平成17年10月26日更新情報「ツルカメスタジオ初のヨーガ教室開催」で、「真向法の第1、2体操は苦手で当初1年間の進歩に比較し2年目の1年間はさほど進歩がありません。その進歩?状況は、「私と真向法」報告丁度1年後平成17年10月31日に写真に記録して平成17年11月1日更新情報で報告する予定です。」と記載しましたが、予定に留まったことをお詫び申し上げます。

○平成17年11月4日から6日間秋の事務所旅行が確定しており、その前に片付けておくべき仕事が溜まり、ここ数日珍しく遅くまで仕事をしており、仕事終了後の真向法撮影までの体力と気力が残りません。11月3日の休日に撮影しようかと思っております。

○私は「私と真向法」記載の通り平成15年10月から真向法を始め、真向法本部での初心者講習会に1回、ステップアップ教室に1回参加し、更に仙台真向法協会大久保直政先生のご指導も2,3度受け、原則として毎朝真向法と簡単なヨーガ体操を合わせて10分程度、毎日欠かさず継続しており、今後も継続するつもりです。

○社団法人真向法協会の正会員にもなっており、毎月発行されるその機関誌「健體康心」も愛読しております。この「健體康心」平成17年11月1日発行第425号に真向法協会本部指導部長佐藤康彦先生の「真向法体操上達のためのポイント」と言う記事が掲載されておりますが、大変、参考になります。

○この記事による真向法習得3大原則は以下の通りです。
一、真向法は苦行ではない。
痛ければそれ以上やるのを止める。力任せに無理矢理伸ばそうとしても却って筋肉は縮んでしまいます。
二、上達や完成を焦らない。
少しずつ、下手でも毎日続けることが大切。
三、手助けをしてくれる人がいると上達が早い。
夫婦、家族、職場のみんなで励まし合ってお互い協力しながらやる。

○私の場合、毎朝出勤後独りで行っており、三は叶いません。一,二も毎日続けては居ますが、未だ上達を焦る心が残っています。記事では更に、「早く理想型ができるようになりたいと意識している間はまだまだです。その意識がなくなり、自然と続けることが出来るようになれば、上達していきます。」とのことですが、私の場合正に「まだまだ」で、気長にやっていきます。
以上:925文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 真向法 > 真向法2年経過写真撮影未了-「健體康心」紹介