仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 大山滋郎弁護士ニュースレター2 >    

2013年07月01日発行第104号”薔薇の名前・弁護士の名前(1)”

平成25年 7月 2日:初稿
横浜パートナー法律事務所代表弁護士大山滋郎(おおやまじろう)先生が毎月2回発行しているニュースレター出来たてほやほやの平成25年7月1日発行第104号「薔薇の名前・弁護士の名前(1)」をお届けします。

○西洋梨「ラ・フランス」が見栄えの悪さから「みだぐなす」と呼ばれていたなんてことは全く知りませんでした。私は、純粋日本人のせいか、日本梨は大好きですが、西洋梨は苦手で、特に「ラ・フランス」は好きではなく、たまにお客さまから箱入り「ラ・フランス」が届くとガッカリして事務員達に分配して,私自身は食べません。ですから、私にとっては「ラ・フランス」は、いまでも「みだぐなす」に変わりません。これからは、「ラ・フランス」と呼ばず、「みだぐなす」と呼びます(^^;)。

○最近、仙台で開業する若手弁護士の事務所名も単に弁護士名をつけるものから変わりつつあるようです。近いところでは宮部・木坂法律事務所が仙台あさひ法律事務所に変わりましたが、その他にも弁護士名ではない事務所名では、「仙台そよかぜ法律事務所」、「蒼天法律事務所(あおぞらほうりつじむしょ)」、「弁護士法人 リーガルプロフェッション」、「法律事務所 絆」、「スズラン法律事務所」、「ひろむ法律事務所」、「ひかり法律事務所」、「アネスティ法律事務所」、「みらい法律事務所」、「あやめ法律事務所」、「晩翠法律事務所」、「けやき法律事務所」、「仙台ソレイユ法律事務所」、「エール法律事務所」、「つばさ法律事務所」、「ひまわり法律事務所」、「仙台さくら法律事務所」、「アイリス仙台法律事務所」等々結構あるようです。

○「ハイフィールド法律事務所」なんて名前も見つかりました。おそらく営業政策を真剣に考えて名付けたものと思われますが、大山先生同様、「商品の名前がそれほど大切なら、法律事務所の名前も同じように大切なはず」と考えていたのでしょう。しかし、私自身は、法律事務所の名前の重要性には全く思い至らず、単に自分の名前を付けただけでした。最近の売上減少ぶりを見ると、ここらで名前を変えて気分一新で頑張ろうかなんて気もない訳ではありませんが、名前より中身だなんて、旧態依然の考えも残っており、また、変えるとしても、事務所の大家さんの「株式会社鶴亀企画」にあやかり、「鶴亀法律事務所」くらいしか思いつかず、こんな名前で人気が出るとは到底思えません(^^;)。

*******************************************
横浜弁護士会所属 大山滋郎弁護士作

薔薇の名前・弁護士の名前(1)


 今回は、いつもにも増してバカバカしい話題です。それだけに、最初だけでも格調高く、シェイクスピアの引用から始めます。

 「バラはたとえ別の名で呼ばれても、やはり甘く香るでしょう。」なんて、「ロミオとジュリエット」にありましたよね。名前より中身が大切だということです。しかし、これが本当に正しいのか、文学の世界では長らく論争が行われていたはずです。(まあ、結論が出るような問題ではないでしょうけど。。。)

 一方、文学ではなくて、ビジネスの世界では、答えはすでに出ています。商品の名前を変えることで、売上が10倍になったなんてことは、よくあることなんですね。

 「みだぐなす」という果物を聞いたことがあるでしょうか? ナシの一種ですが、見た目が悪いから、「見たくなし」という、ダジャレのような名前なんです。それほど見栄えの悪い、ナシだったのですね。それが理由か、ちっとも売れなかったそうです。そこで、このナシの名前を変えたんです。新しい名前は、「ラ・フランス」です。そうしたところ、もともと大変おいしいナシでしたから、一気に人気商品になったというわけです。

 こういうことってよくあるようですね。湿らせたティッシュペーパーに、「モイスチャーティッシュ」と名前を付けても少しも売れなかったところ、「鼻セレブ」と名前を変えたら爆発的に売れました。緑茶を缶に入れて売り出すのに、「缶煎茶」と名付けたところ、全く売れなかったそうですが、「お~いお茶」に名前を変更してから、人気商品になったということです。

 臭いのしない靴下を開発して、「フレッシュライフ」という名前で販売しても、人気が出ない。これを、「通勤快足」という名前に変えたら、大ヒットした。

 まあ、しつこいのでこのくらいにしておきますが、ことほど左様に、名前というのは大切なんですね。

 商品の名前がそれほど大切なら、法律事務所の名前も同じように大切なはずです。しかし、多くの弁護士が、それほど気合を入れて事務所の名前を付けているとも思えないんです。弁護士自身の名前を事務所名にするのが一番多いかもしれません。「大山滋郎法律事務所」なんて感じですね。それから、事務所の所在地の名前を付けるのも一般的です。うちの場合でしたら「大桟橋前法律事務所」とか「日本大通法律事務所」になるんでしょうか。しかし、こういうのは平凡ですね。

 私は、7年前の独立開業にあたり、事務所を「横浜パートナー法律事務所」と名付けました。横浜で開業するから、「横浜」と付けたんです。お客様のパートナーとなりたいから、「パートナー」と付けました。非常に安直な理由です。しかし、こんなことでは、人気事務所にはなれませんね!

 たとえば銀行の名前でも、「山陽相互銀行」が「トマト銀行」に名称変更したという例があります。親しみにくく固いイメージの銀行名を、親しみやすい名前に思い切って変更したんです。この変更だけで、預金残高は半年で30%も増加したそうです。名前さえ変えれば、弁護士事務所も爆発的に人気が出るかもしれないのです。

 というわけで、本当にバカバカしい話で恐縮ですが、うちの事務所名変更(ホンマかいな!)について、次回検討します。

*******************************************

◇ 弁護士より一言

長女は中学生になって、電車で通学しだしました。
おとなしく、ぼーっとしてる娘なので、痴漢にあうのではと心配して、妻が言います。「なるべく女性専用車両に乗るのよ。」「何かされたら、毅然とした口調で警察へ行きましょうって言いなさい。」

そこで私も、アドバイスしちゃいました。
「痴漢が捕まったら、パパの名刺を渡して、『弁護はここにお願いできます。』って伝えるんだよ!」
妻には怒られましたが、娘はパパのために頑張ってくれるそうです!

以上:2,650文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 大山滋郎弁護士ニュースレター2 > 2013年07月01日発行第104号”薔薇の名前・弁護士の名前(1)”