仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 業務日記 >    

判例勉強会

平成16年 6月30日:初稿 平成17年 1月27日:更新
今日は同業者同士の判例勉強会でした。

32期3名、33期2名の僅か5名で担当者を決め、各月の判例時報から重要と思われる判例を読み込んで、レジュメを作って発表するものです。もうかれこれ20年以上は毎月1回ずつ継続しています。

10年以上前は、10名近く参加者が居た時期もありますが、ここ10年はこの5名のメンバーで確定しています。余程気が合うメンバーが揃ったようです。

有名な判例雑誌としては、判例時報の外に判例タイムズも購読していますが、積ん読で、殆ど眼を通すことがありません。この仲間内で行う判例勉強会の担当に当たったときだけ、真面目に読み込んでいますが、このような機会がないと、判例雑誌は殆ど読まない結果になるでしょう。

この勉強会で役に立つことは、各自が悩みを抱える事件処理について質問をして5人で協議し合うことです。一人の頭ではどうしても見方が偏ります。仲間の意見を聞いて、思わぬ処理方針を発見することもあります。

岡目八目の言葉通り、端から見ていると却って素晴らしいアイデアが生まれることもあります。

長く継続している貴重な勉強会として今後もずっと続けていくつもりです。
以上:484文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 業務日記 > 判例勉強会