直近 20ページの、更新記録

更新日分類細分類タイトル
H30-12-12(水)健康歯の話し"食後すぐは逆効果"歯磨きの正解-との解説記事紹介
○「フィリップス電動歯ブラシを初めて購入-達成感は思い込みと気づく」に記載したとおり、3ヶ月に1回ほど通院し、定期的に歯石取り等して貰っている歯科医院で担当した歯科衛生士さんに今回は、歯の汚れが以前より酷くなっていますと指摘されて以来、歯磨き方法について色々試しています。○また、以下の「"食後す・・・
続きを読む
H30-12-11(火)相続家族その他相続家族相続不動産取得時効成立要件を確認した昭和47年9月8日最高裁判決紹介
○「相続不動産取得時効成立関係昭和47年9月8日最高裁判決控訴審判決紹介」の続きで、その上告審である昭和47年9月8日最高裁判決(家月25巻3号91頁、判時685号92頁)全文を紹介します。○Aの死亡によって、遺産相続が開始され、被上告人の父Bと上告人らが本件不動産を共同相続したが、Bが単独で本・・・
続きを読む
H30-12-10(月)相続家族その他相続家族相続不動産取得時効成立関係昭和47年9月8日最高裁判決控訴審判決紹介
○「相続不動産取得時効成立関係昭和47年9月8日最高裁判決第一審判決紹介」の続きで、その控訴審である昭和44年11月8日東京高等裁判所(判時578号53頁、判タ246号294頁)全文を紹介します。○Aの死亡によって、遺産相続が開始され、控訴人の父Bと被控訴人らが本件不動産を共同相続したが、Bが単・・・
続きを読む
H30-12- 9(日)相続家族その他相続家族相続不動産取得時効成立関係昭和47年9月8日最高裁判決第一審判決紹介
○「相続不動産取得時効成立について判断の分かれた地裁・高裁判決説明」で、共同相続人の中の1人が、不動産の時効取得に必要な自主占有となるための「新たな権限」と評価されるための要件として昭和47年9月8日最高裁判決は①単独に相続したと信じて疑わず②相続開始とともに相続財産を現実に占有③公租公課も自・・・
続きを読む
H30-12- 8(土)相続家族その他相続家族相続不動産取得時効成立について判断の分かれた地裁・高裁判決説明
○「相続不動産の占有につき取得時効を認めた地裁判例紹介1」で、共同相続人の中の1人が、不動産の時効取得に必要な自主占有となるための「新たな権限」と評価されるための要件として昭和47年9月8日最高裁判決は①単独に相続したと信じて疑わず②相続開始とともに相続財産を現実に占有③公租公課も自己の名でそ・・・
続きを読む
H30-12- 7(金)相続家族その他相続家族相続不動産の占有につき取得時効成立を否定した大阪高裁判例紹介
○「相続不動産の占有につき取得時効を認めた地裁判例紹介2」の続きで、その控訴審である平成29年12月21日大阪高裁判決(判時2381号79頁)全文を紹介します。一審平成29年4月26日京都地裁判決(判時2381号83頁参考収録)との違いは別コンテンツで説明します。***************・・・
続きを読む
H30-12- 6(木)相続家族その他相続家族相続不動産の占有につき取得時効を認めた地裁判例紹介2
○「相続不動産の占有につき取得時効を認めた地裁判例紹介1」を続けます。判決は、「新たな権限」として遺産分割が成立により取得したとの主張については、「本件の証拠関係の下においては、本件遺産分割があったとは認め難いといわざるを得ない。」として認めませんでした。○しかし、「原告に本件建物の完成による・・・
続きを読む
H30-12- 6(木)相続家族その他相続家族相続不動産の占有につき取得時効を認めた地裁判例紹介1
○民法は所有権の取得時効について、第162条で「20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。」と規定し、「所有の意思」に関しては、第186条で「占有者は、所有の意思をもって、善意で、平穏に、かつ、公然と占有をするものと推定する。」とし、「占有の性質・・・
続きを読む
H30-12- 5(水)男女問題男女付合・婚約・内縁婚約に至らない交際での妊娠・中絶慰謝料20万円の支払を命じた判決紹介
○婚姻・内縁・婚約に至っていない性的関係を伴う男女関係について一方的に解消を求められたときに、例えば金品の遣り取りがあった場合、その返還を求めることが出来るかとの相談を受けています。そこで婚約まで至らない男女関係解消での裁判事例を探しているのですが、なかなか見つかりません。婚約まで至らない場合、訴え・・・
続きを読む
H30-12- 4(火)健康歯の話し相馬理人歯科医師著”その歯磨きは万病のもと”紹介 
○最近、上京すると御茶ノ水駅近くにある三省堂書店神保町本店に立ち寄るようになりました。これまでよく利用していた丸善東京駅前店よりも在庫書籍量が遙かに豊富だからです。医学論争を伴う交通事故事件処理に必要な医学専門書も幅広く揃っています。また、アウトレットコーナー(中古書籍)にも豊富に展示されており、さ・・・
続きを読む
H30-12- 3(月)健康歯の話し”噛む力”が寿命を伸ばす-週刊文春平成30年12月6日号記事から紹介 
○日産から追放されたカルロス・ゴーン氏の記事を読むため週刊文春平成30年12月6日号を購入しましたが、その中で「『噛む力』が寿命を伸ばす」との記事が参考になりました。餅などを喉に詰まらせる事故は、食べ物を食道ではなく誤って気道に飲み込む誤嚥のせいにされるが、かなりの部分は咀嚼能力の低下が原因だとのこ・・・
続きを読む
H30-12- 2(日)事務所大山滋郎弁護士ニュースレター22018年12月01日発行第234号”弁護士の明朗会計”
○横浜パートナー法律事務所代表弁護士大山滋郎(おおやまじろう)先生が毎月2回発行しているニュースレター出来たてほやほやの平成30年12月1日発行第234号「弁護士の明朗会計」をお届けします。○売上に広告宣伝費が占める割合は、あらゆる業種の平均を出すと、5%から10%というのが相場とのことです。法・・・
続きを読む
H30-12- 1(土)男女問題財産分与・慰謝料別居後財産増加財産を除外し別居時財産で財産分与を命じた判例紹介
○「別居後財産減少財産を除外し別居時財産で財産分与を命じた判例紹介」の続きで、婚姻解消に基づく財産分与(大部分農地)審判において、この財産の維持について申立人(妻)の寄与率は相手方(夫)のそれよりも遙かに大であること、申立人の生計は農業収入のみに依存している反面、相手方は農業以外に賃金収入があり、生・・・
続きを読む
H30-11-30(金)男女問題財産分与・慰謝料別居後財産減少財産を除外し別居時財産で財産分与を命じた判例紹介
○「夫婦共有不動産持分権全部を妻に財産分与した家裁審判紹介」の続きです。この家裁審判では、「離婚に伴う清算的財産分与の判断の基準時は、離婚訴訟にあつては口頭弁論の終結時(最高裁昭和34年2月19日第1小法廷判決民集13巻2号174頁)、審判にあつてはその審判時と解せられ」と述べており、確かに34年・・・
続きを読む
H30-11-29(木)男女問題財産分与・慰謝料夫婦共有不動産持分権全部を妻に財産分与した家裁審判紹介
○ちと古い事件ですが、離婚に伴う財産分与において、清算の対象となる不動産の取得のための借入金が未だ完済されていない場合に、夫と共に連帯債務者となつている妻が、主としてこれを支払い、離婚後も専らこれを弁済していく高度の蓋然性があるという事情を考慮し、かつ、離婚についての夫の有責性をも慰謝料的要素として・・・
続きを読む
H30-11-28(水)男女問題結婚条件付同居命令を取り消して同居申立を却下した高裁判例紹介
○「同居住居を一定地域内に定めることを条件に同居を命じた家裁判例紹介」の続きで、別居中の抗告人妻に対する相手方夫からの同居申立てを条件付きで認めた原審判を取消して,申立てを却下した平成29年7月14日福岡高裁決定(判タ1453号121頁)を紹介します。○同決定では、「同居義務があるからといって,・・・
続きを読む
H30-11-27(火)男女問題結婚同居住居を一定地域内に定めることを条件に同居を命じた家裁判例紹介
○同居できる住居を一定地域内に定めることを条件としていますが、申立人夫の相手方妻に対する同居を命じた平成29年3月29日佐賀家裁審判(ウエストロー・ジャパン)を紹介します。抗告審である平成29年7月14日福岡高裁決定(判タ1453号121頁)で取り消されており、別コンテンツで紹介します。、○妻の・・・
続きを読む
H30-11-26(月)弁護士等政治・社会・司法等「外国人比率が75%の街」が東京に出現していた-との報道に納得
○ほぼ1ヶ月に1回程度東京に出張して平成23年5月以来定宿にしている赤坂エクセル東急ホテルに2~3泊しますが、ここ2,3年ホテルで行き交う外国人が多くなったと感じています。エレベーター等で行き交う人の半分以上が外国人になったと感じています。○おそらくホテル内で行き交う外国人の半分は、言葉で判る中・・・
続きを読む
H30-11-25(日)男女問題離婚要件3年以上別居でも別居原因を作った配偶者の離婚請求を棄却した判例紹介
○妻が夫の暴力を避けるために別居した場合において、婚姻を継続し難い重大な事由があるとはいえないとして、夫からの離婚請求が棄却された平成10年1月30日東京地裁判決(判タ1015号232頁)全文を紹介します。○判決は、「夫婦関係がかなり不安定な状態にあるが、この状態に陥った主たる原因は、原告夫の配・・・
続きを読む
H30-11-24(土)貸借売買等賃貸借鍵穴ふさいで家賃滞納住民追い出しに慰謝料支払を命じた判例紹介2
○「鍵穴ふさいで家賃滞納住民追い出しに慰謝料支払を命じた判例紹介1」を続けます。*********************************************2 事実認定に関する補足説明(1)被告の主張等についてア 前記1(2)の認定に対し、被告は、前記第2の2(1)イのとお・・・
続きを読む
ホームへこのページの先頭へ