直近 20ページの、更新記録

更新日分類細分類タイトル
H30- 6-24(日)相続家族相続人40年ぶり改正相続法条文紹介-配偶者居住権部分紹介
○以下の日経新聞報道によると40年ぶりの相続法改正案が平成30年6月19日に衆議院で可決されて参議院に送付されたとのことです。法務省HPの「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」に「法律案要綱」、「法律案」、「理由」、「新旧対照条文」がPDFファイルで掲載されています。○以下、日経新聞報・・・
続きを読む
H30- 6-23(土)男女問題養育費・認知妻の再婚相手の養父が居る場合の実父養育義務の額を判断した判例紹介
○前妻(看護師)が再婚し、その再婚相手と未成年者らとが養子縁組したことを理由として、前夫(医師)が前妻に対し、離婚時の和解において合意された前夫が前妻に対して支払うべき未成年者らの養育費月額10万円を、養子縁組時翌月以降免除ないし相当額に減額することを求め、第一審平成29年3月10日熊本家裁審判は、・・・
続きを読む
H30- 6-22(金)男女問題その他男女問題氏の変更許可申立要件「やむを得ない事由」解釈適用説明判例紹介
○「戸籍法第107条1項の氏の変更が認められる場合-祖父母の氏への変更は?」の続きです。ここで廃絶家の氏を復活したり、祖先の氏に復することのみを目的とする氏の変更は認められないとの昭和59年7月12日大阪高裁決定(判タ537号222頁)全文を紹介していました。戸籍法107条第1項「やむを得ない事由・・・
続きを読む
H30- 6-21(木)趣味その他趣味大阪府の地名には、枚方市以外にも難しいものが多そうです
○官房長官が、枚方市(ひらかたし)を「まいかたし」と誤読したことが話題になっています。昔、当時の総理大臣が、未曾有(みぞう)を「みぞうゆう」と誤読してしばらく話題になりましたが、私も、枚方市の正確な読み方は判りませんでした(^^;)。後記朝日新聞記事によると、枚方市の読み方の正答率は6割とのことで、・・・
続きを読む
H30- 6-20(水)弁護士等中学・高校同年会小学6年以来お世話を受けてきた友人への感謝とお別れの辞3 
○「小学6年以来お世話を受けてきた友人への感謝とお別れの辞2」の続きです。気仙沼中学校20回生支援会のブログ「気中20+PLUS」の平成30年6月12日の記事「あの日 わたしは」に小学6年以来お世話を受けてきた友人故小山隆市君の長男裕隆さんのYouTube動画が紹介されていました。「震災時に河北新・・・
続きを読む
H30- 6-19(火)貸借売買等売買等土地賃借人が賃借権対抗要件具備の主張・立証責任を負うとした判例紹介
○「土地買受人の対抗要件を欠く従前土地賃借人への明渡請求について」の続きで、土地賃借人(土地占有者)は、その主張する賃借権につき、対抗要件を具備していることの主張・立証責任を負うとした昭和49年5月13日仙台高裁判決(判タ313号268頁)を紹介します。○事案は、以下の通りです。・A所有の本件・・・
続きを読む
H30- 6-18(月)男女問題男女問題ニュース博報堂生活総合研究所2018年家族調査アンケート結果妻は強く夫は弱く 
○博報堂生活総合研究所は、1988年(昭和63年)から10年毎に、サラリーマン世帯の夫婦を対象にアンケート調査「家族調査」を行い、2018年(平成30年)6月11日、「『家族30年変化』調査結果を発表 妻は強く、夫は弱く」と題して、結果を発表しました。結果概要は、以下の通りです。【家庭の総合的な・・・
続きを読む
H30- 6-17(日)事務所大山滋郎弁護士ニュースレター22018年06月16日発行第223号”弁護士の小言” 
○横浜パートナー法律事務所代表弁護士大山滋郎(おおやまじろう)先生が毎月2回発行しているニュースレター出来たてほやほやの平成30年6月16日発行第223号「弁護士の小言」をお届けします。○「親父の小言」でググると画像がたくさん出てきます。最初に出てきたのが次の画像です。○「【意外と役に立つ・・・
続きを読む
H30- 6-16(土)交通事故交通事故重要判例交通事故による損害賠償請求債権が非免責債権とされた判例紹介
○交通事故による損害賠償請求権は、旧破産法の以下の規定により、加害者の破産によって免責されると解釈されるのが一般でした。交通事故は一般に過失による損害賠償請求権であり「悪意ヲ以テ加ヘタル不法行為」には該当しないとされていたからです。旧破産法第366条ノ12 免責ヲ得タル破産者ハ破産手続ニ依ル配当・・・
続きを読む
H30- 6-15(金)健康その他健康週刊ポスト平成30年6月22日号医師が教える食事法紹介2
○「週刊ポスト平成30年6月22日号医師が教える食事法紹介1」を続けます。週刊ポスト平成30年6月22日号に「話題沸騰『医者が教える食事法』どれを信じりゃいいのやら、わからへん」との記事の備忘録です。○野菜・フルーツジュース以下の津村本の記述に、いつも100%オレンジジュースを愛飲している私は・・・
続きを読む
H30- 6-14(木)健康その他健康週刊ポスト平成30年6月22日号医師が教える食事法紹介1
○週刊ポスト平成30年6月22日号に「話題沸騰『医者が教える食事法』どれを信じりゃいいのやら、わからへん」との記事が掲載されています。医師が執筆した「食事本」は、「『医者が教える食事術 最強の教科書』(牧田善二・著)は42万部、『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』(津川友介・著)が発売1・・・
続きを読む
H30- 6-13(水)交通事故交通事故関連傷病等中心性頚髄損傷覚書-脊椎脊髄ジャーナル最新の知見から
○「中心性頚髄損傷覚書-追突事故による傷害でも起こることがあります」の続きで中心性頚髄損傷に関する情報です。現在、交通事故による追突事故後に生じた中心性頚髄損傷による損害賠償請求事件を取り扱い、保険会社側と熾烈な医学論争を展開している事件があります。ご指導頂いている整形外科医師から提供頂いた脊椎脊・・・
続きを読む
H30- 6-12(火)相続家族遺産分割相続人全員の合意で遺産分割協議のやり直しができるとした判例紹介
○共同相続人は、既に成立している遺産分割協議につき、その全部又は一部を全員の合意により解除した上、改めて分割協議を成立させることができるとした平成2年9月27日最高裁判決(判時1380号89頁、判タ754号137頁)を紹介します。○事案は、・長男X、二男Yら共同相続人5名の遺産分割協議により、・・・
続きを読む
H30- 6-11(月)男女問題財産分与・慰謝料財産分与者破産管財人に財産分与金取戻権行使はできないとした判例紹介
○「債務超過状態での財産分与が詐害行為に当たらないとした判例紹介」の続きです。債務超過状態での財産分与が詐害行為に当たらないのであれば、破産の場合においても、財産分与の優先性を肯定され、破産管財人に対して財産分与金を取戻権として行使を認めても良さそうです。○しかし、平成2年9月27日最高裁判決・・・
続きを読む
H30- 6-10(日)男女問題財産分与・慰謝料債務超過状態での財産分与が詐害行為に当たらないとした判例紹介
○多額の負債を抱えて倒産した夫が、協議離婚の際に財産分与として、妻が家業としておこなってきたクリーニング業の基盤となる夫名義の不動産を譲渡したことに対し、夫の債権者が、同譲渡が詐害行為に当たるとしてその取消しを求めました。○これに対し、分与者が債務超過であるという一事によって、相手方に対する財産・・・
続きを読む
H30- 6- 9(土)相続家族扶養私大進学理由での養育費支払終期大学卒業時延期申立を却下した家裁審判紹介
○「養育費支払期間終期を成年時から大学卒業時に延期した高裁決定紹介」の原審で、家事審判により未成年者の養育費支払終期を成人に達するまでと定めていたものを、未成年者が私大に進学したことを理由に大学を卒業する22歳に達した後の最初の3月まで延期を求めたところ、相手方は未成年者の大学進学に反対していたこと・・・
続きを読む
H30- 6- 8(金)相続家族扶養養育費支払期間終期を成年時から大学卒業時に延期した高裁決定紹介
○当事者間の子が、養育費増額の審判の半年後に大学に入学し、成年に達した後も学納金及び生活費等を必要とする状態にあるという事情の変更が生じた場合において、変更の可否及びその内容については、大学進学了解の有無、支払義務者の地位、学歴、収入等を考慮して判断すべきであるとし、私立大学への学納金については支払・・・
続きを読む
H30- 6- 7(木)男女問題不倫問題バツイチと信じても配偶者を知って1年間不貞行為継続に賠償認容判例紹介
○原告が、被告に対し、原告の夫Aとの不貞行為を理由とする500万円の損害賠償を求めました。これに対し、被告はAをバツイチと信じており、不貞行為との認識はなかったと主張する等、これを争いました。○この事案について、被告は、少なくとも、Aから原告との離婚手続が済んでいないと聞かされるまでは、Aに離婚・・・
続きを読む
H30- 6- 6(水)健康嫌煙の話し東京都受動喫煙防止条例(仮称)骨子案紹介-東京都HPから
○平成30年4月20日東京都福祉保健局が発表した東京都受動喫煙防止条例(仮称)骨子案を紹介します。平成30年6月6日朝のニュースによると6月中に都議会に条例案を提出するとのことです。***********************************************従業員のいる飲食・・・
続きを読む
H30- 6- 5(火)健康メタボの話し奥田昌子氏著”内臓脂肪を最速で落とす”紹介-内蔵脂肪と皮下脂肪の違い 
○丸善丸の内本店で内科医奥田昌子氏著「内臓脂肪を最速で落とす」を購入しました。体組成計でほぼ毎日計測し、内臓脂肪と皮下脂肪を合わせた脂肪全体を示す体脂肪率は、15~16で標準以下ですが、内臓脂肪率が10~11でいつも「やや多い」と表示されるからです。○皮下脂肪は、皮膚の直ぐ下につく脂肪、内臓脂肪・・・
続きを読む
ホームへこのページの先頭へ