仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 鶴亀通信 > 第2号(h9.8)-女は、恐い、怖い、強い >    

鶴亀通信第2号送付に当たってのご挨拶

平成 9年 8月 1日:初稿 平成18年 5月 2日:更新
○鶴亀通信第2号送付に当たってのご挨拶文です。

***************************************
(平成9年8月1日記)

 残暑お見舞い申し上げます。
 皆様にはますますお元気にご活躍のこととお喜び申し上げます。
 さて、大変遅れて恐縮ですが、小松亀一法律事務所報「鶴亀通信」第2号をようやく発行する運びとなりました。

創刊号のご案内において私は、
「「鶴亀通信」の発刊目標は、最低年2回、出来れば4回を考えております。創刊号だけで廃刊にならないよう決意を込め、奮発して立派な専用ファイルをつけました。次号以降もこのファイルにとじて保管していただければ幸いです。」
と記載しました。
 ところが、最低年2回の発行は、遅れに遅れて、1年3ヵ月を経てようやく第2号を発行するありさまで、私の怠慢を心よりお詫び申し上げます。

 皆様、立派なファイルは未だお持ちでしょうか。
 昨年暮れ頃から、ファイルばかり立派でサッパリ中身がなく、ジャマ臭くてしょうがないとのお叱りを方々で受けました。第2号以下をしっかり出せとのご激励と理解し、どうにか発行に漕ぎ着けたこの第2号をファイルに追加して頂ければ幸いです。

 第2号は「男女問題特集その1」です。
 私の実務及び個人的経験に基づく独断と偏見を敢えて披露致します。

 今回の鶴亀通信編集に当っては、以下の2点を方針としました。
1 世間に数多出回っている素人向け法律解説書のダイジェスト版にはしないこと
2 理想論、机上の空論は出来る限り排除して、現実の実務に基づき、たとえ独断と偏見と言われようと、私自身が考えていることを素直にお伝えすること


 しかし、私の独断と偏見のみでなく、皆様のご意見を伺い、そのご意見を参考にして次回以降の編集方針を立てたいと考えております。

 そこで、アンケート用葉書を同封しましたので、第2号の内容を含めて皆様の忌憚のないご意見・ご批判をお聞かせ頂きたくお願い申し上げます。
 尚、私の方針としては、男女特集を以降結婚・離婚・不倫等をテーマに少なくとも3回以上は取り上げ、その後親子等の家族特集を計画しております。

 今後とも当事務所に対するご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
以上:923文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 鶴亀通信 > 第2号(h9.8)-女は、恐い、怖い、強い > 鶴亀通信第2号送付に当たってのご挨拶