仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > フラメンコギター >    

フラメンコ・セビリアナス(セビジャーナス・Sevillanas)練習再開

平成30年 3月 4日(日):初稿
○「ほぼ30年ぶりのギター合奏練習-リズム感の悪さを痛感(^^;)」の続きです。
平成29年12月、30年程前に数年間、一緒にフラメンコギター合奏曲を練習したAさんと久しぶりに再会して、また、一緒に練習しようとなり、平成30年1月から、ボンゴ等打楽器が得意なBさんと3人で毎月最低2回は合同練習をすることになりました。

○練習再開の、1曲目は、パコ・デ・ルシアの「コーヒールンバ(Moliendo Café)」、2曲目は、同じく「シボネイ(SIBONEY )」でしたが、最近、3曲目としてセビリアナス(セビジャーナス・Sevillanas)の練習を再開しました。セビリアナスは、ウィキペディアでは、セビジャーナス(Sevillanas)と表記され、「祝祭日や縁日などの祝賀行事の際、しばしば町の全家族によって老若男女を問わず2人組で踊るダンスである。 その振り付けには変動がなく実用的で、祭りの踊りとして踊られる。 このため、フラメンコを習い始めた初心者は、覚えるのも容易で実践の機会も多いセビジャーナスから学び始めるのが一般的である。」と解説されています。

○上記解説は、踊りについての解説ですが、ギター演奏曲としても、シンプルで初心者が最初に取り組む曲に適しています。パコ・デ・ルシアのセビリアナスは、私が持っているCDやDVDには見当たらず、YouTube動画で探すと数曲見つかりました。ネットで探すと必要なモノは殆ど見つかります。ホントに便利な時代になりました。以下、参考になるセビリアナスをパコ・デ・ルシアのから紹介します。

Sevillanas Paco De Lucia              Flamenco Guitar - Sevillanas - Traditional
  

Mario Escudero – Sevillanas            Sabicas - Fiesta En Sevilla (Sevillanas)
  

平成元年3月19日夜自宅AVルームフラメンコミニコンサートでのセビリアーナス
以上:1,117文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > フラメンコギター > フラメンコ・セビリアナス(セビジャーナス・Sevillanas)練習再開