仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > フラメンコギター >    

相崎勝利フラメンコギター教室第3回発表会プログラム入手1

平成29年 8月23日(水):初稿
○「44年ぶりに昭和47年第3回相崎フラメンコギター教室発表会音源入手」で、「このときBさんから昭和47年相崎勝利フラメンコギター教室第3回発表会での私の演奏5曲が入ったCDを贈呈されました。」とき記載していました。ところが、今般、宮城県石巻市出身のプロギタリストの毛塚功一さんから、昭和47年1月8日午後3時30分から日立ファミリーセンターで開催された相崎勝利フラメンコギター教室第3回発表会のプログラムPDFファイルを贈呈されて、「昭和47年相崎勝利フラメンコギター教室第3回発表会での私の演奏5曲」は、間違いだったことが判明しました。

○そのときの懐かしいプログラムの表紙は以下の通りです。私は、昭和46年4月、大学入学と同時に相崎先生の教室に入りましたので、昭和47年1月発表会は、相崎教室入門9ヶ月目の大学1年次で、私が最初に出演した発表会でした。



○上記の通り、相崎勝利フラメンコギター教室第3回発表会は、平成29年8月から45年7ヶ月前の昭和47年1月8日に開催されています。その時の演奏曲目は、以下の通りです。個人情報保護の関係で、私と毛塚さん以外は名前は、モザイクをかけます(^^;)。



○このプログラムでは、私は第1部の最後に、「グラナダの夕焼け(グラナディーナス)」、「秋の夜のファルーカ」の2曲を弾いており、「44年ぶりに昭和47年第3回相崎フラメンコギター教室発表会音源入手」と「同2」で紹介した曲目の「ファルーカ」、「ブレリアス」、「シボネー」、「コーヒールンバ」、「ミロンガ・フラメンコ」とは異なります。よく思い出してみたら、これらの5曲は、私が大学3年の昭和48年6月に開催された相崎勝利フラメンコギター教室第4回発表会で演奏したものと思われます。

○相崎勝利フラメンコギター教室第3回発表会プログラムの「奏者のプロフィル」は以下の通りです。これも個人情報保護の関係で、私と毛塚さん以外は名前は、モザイクをかけます(^^;)。



○男性プロフィルには、「女殺しのニクイ奴」、「前髪をかき上げてギターを構える時、女性はタメ息をもらす」、「ギターを構えただけで失神した女のコがいた」、「信じられないくらい女性にモテる」なんて説明があるなかに、私だけ「この人がレッスンを受けに来ると、台風が来たような気がする」なんて、全く「」抜きで、且つ、「台風」呼ばわりされています(^^;)。

○「44年ぶりに昭和47年第3回相崎フラメンコギター教室発表会音源入手」で「私自身、寡黙で控え目な性格です。大変失礼ですが、相崎先生は、私の本質を見誤り、私に関して全く誤ったイメージで紹介されています(^^;)。」と記載していますが、ここでも相崎先生は、私の本質を見誤っています(^^;)。「」に縁がないとの本質は、見誤っていませんが。
以上:1,160文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > フラメンコギター > 相崎勝利フラメンコギター教室第3回発表会プログラム入手1