仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > 国内旅行 >    

びわ湖温泉旅亭紅葉2日目ーびわ湖花火大会鑑賞等

平成23年 8月10日:初稿
○「びわ湖温泉旅亭紅葉2日目ー墓参り・三井寺散策等」を続けます。
 今回の関西旅行の恩師墓参り以外のメインイベントは、びわ湖花火大会でした。確か、平成11年から毎年1回の恩師墓参りが我が家の重要な年中行事になりましたが、いつか、びわ湖花火大会を観たいと切望するも、日程が合わなかったり、なかなか実現出来なかったところ、平成22年8月のびわこ花火大会当日、ようやく、大津プリンスホテル宿泊予約ができ、実現するはずでした。

○ところが5月に至り、びわこ花火大会日程が一日繰り下げになり、そのことについてホテルから何の連絡もなく、6月になって、大津プリンスホテルに、びわこ花火大会の日に予約日変更を願うもかなえて貰えず、平成22年のびわこ花火大会鑑賞は涙を飲んで諦めていました。

○平成23年こそは、何とか鑑賞したいと、平成23年6月になってから、琵琶湖周辺ホテルをネットで探すも、殆どが満杯状態で、唯一、空いていたのが、びわ湖温泉旅亭紅葉でした。限定5部屋でなんと、地下の窓のない部屋で、大人3名で申し込むと1室3万6000円とのことで、1人当たり1万2000円なら安いものだと早速申込みしました。

○ところが、後日、よく見ると、1室3万6000円ではなく、1人3万6000円となっており、予算が全く狂いました(^^;)。予算の狂いついでに、地下の窓のない部屋とは、一体如何なる部屋かと心配になり、前日8月7日は、8月8日の3分の2の料金で普通の部屋が空いていましたので、連泊で予約し、後日、2連泊なので、2日とも同じ普通の部屋にされたいと要請したところ、最終的には、3階で一番広い部屋を連泊で提供して貰いました。

○地下の窓のない得体の知れない部屋ながら、折角、予約できたので、予算オーバーでキャンセルするのももったいない、10年来の念願を、今年こそ実現したいと、私にとっては大枚をはたいての、びわ湖温泉旅亭紅葉2連泊での、びわ湖花火大会鑑賞となった次第です。しかし、びわ湖温泉旅亭紅葉、滋賀県一の旅館と言うことで、従業員は全員笑顔で、且つ、大きな声で挨拶を繰り返し、従業員訓練が良くなされて、サービス精神満点の旅館と感心しました。料理もなかなかのもので、大津に行く機会があったらお薦めの旅館です。地下の窓がないという得体の知れない部屋も観ておけば良かったとの思いもありますが(^^;)。

以下、クライマックスの動画です。



以上:1,252文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > 国内旅行 > びわ湖温泉旅亭紅葉2日目ーびわ湖花火大会鑑賞等