仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > 海外旅行 >    

平成21年独仏視察旅行パリ市内散策とルーブル美術館2

平成21年 7月20日:初稿
○ルーブル美術館の絵画コーナーには、昔、世界史や美術の教科書で見た覚えのある絵が次々に展示されており、とてつもなく巨大と感じる絵も多数有り、目も眩む感じでした。その中でもモナリザは別格で、絵は、ガラスで覆われた上、前に柵があり、更にロープが張られて、直ぐそばに近づいて見ることが出来ません。絵自体は、他の巨大な絵に比べるとまるで小さいもので、やむを得ず望遠レンズで撮影しました。

○中庭にでるとルーブル美術館の巨大さが良く判ります。小銃を持った兵士が警備に当たっていたのには驚きました。日本では有名な美術館で小銃を構えた自衛隊員が警備に当たるなんて全く考えられず、平和に対する感覚が違うことを実感しました。


   


   


   


   


   


   



以上:318文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > 海外旅行 > 平成21年独仏視察旅行パリ市内散策とルーブル美術館2