仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > AV >    

自宅AVルーム活用時代の思い出-PM研究会

平成20年 8月21日:初稿
「自宅AVルーム歌唱録画テープデジタル化雑感1」に記載したとおり、自宅AVルームで記録したカラオケ練習記録アナログテープのMPG化を毎日数時間ずつ行っています。ビデオカメラで撮影したテープを整理していたら、出てくるわ、出てくるわ、最終的にはベータが40本近く、VHSが30本前後、更に8mテープも30本以上出てきて軽く100本以上のテープが出てきました。

○その他TV番組を録画したものなど様々なテープを入れると数百本のアナログテープがありますが、ここ10年以上は、その殆どを再生してみることが無くなっていました。特に100本以上あるビデオカメラ撮影テープは、私にとっては貴重な記録もあるのにその殆どを忘れており、10数年ぶりに再現して、えーっ、こんな方のカラオケ歌唱も撮影をしていたかと驚くものが結構あります。人間の記憶力のいい加減さを痛感しました。私の記憶力が悪いだけかもしれませんが(^^;)。

「AVルーム作製記1」記載の通り自宅AVルームは、競売で取得した自宅マンションの7畳2間続きの部屋14畳の仕切りの壁をぶち抜き防音化して12畳にして当時発売されたばかりのフロントプロジェクターから照射する120インチ大画面で主にLD映画を楽しむために昭和63年暮れに完成させたものでした。

○ところが凝り性の私は、このAVルームに3台のカメラと編集用デジタルミキサーを設置し、映像画面を切り換えながら、又LD等の映像と合成しながら録音・録画の出来るレコーディングスタジオとしての機能も持たせ、その結果、カラオケルームとあいなり、カラオケ仲間を集めては、レコーディングに勤しみました。その状況は「AVルーム作製記2」に詳しく記載しています。

○平成20年8月20日現在も毎夜数時間ずつこの自宅AVルームで撮影したビデオカメラの再現をして必要部分をMPG化する作業を続けていますが、その中でパフォーマンス(PM)研究会の活動状況を録画したテープが3本ほど出てきました。PM研究会は、10人ほどの親しい仲間で、「人間としての表現方法一般を研究、訓練、実践し、人前でのパフォーマンスに習熟し、各自の仕事・遊び等に役立て人生を豊かにする」ことを目的とした研究会で、会場を小松AVルームとして、ビデオ機材をフルに活用して訓練に役立てようというものでした。

○私自身は「AVルーム作製記2」に記載したとおり、「生来、内気な引っ込み思案で人前で思うように話も出来ず、まして人前でカラオケを唄うなど全く考えられな」いシャイな人間ですが、この年齢まで何とか弁護士稼業で生きてこれたのもこのAVルームでの様々な訓練があったからと感謝しています。
以上:1,103文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > AV > 自宅AVルーム活用時代の思い出-PM研究会