仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > ホテル等紹介 >    

スイートルームにやすく泊まる方法

平成20年 8月11日:初稿
○平成20年8月10日、毎年恒例になっている恩師の墓参りを終え、大阪のあるホテルに入っています。なるたけコストをかけないようにある旅行会社に依頼して仙台~大阪の航空チケット・ホテル込みのパック旅行できていますが、私はいつもマッチ箱のような狭いマンション生活をしているため、旅に出たときのホテルくらいは大きな部屋を取るようにしています。

○そこでチェックインの際、フロントで更に大きい部屋にするための追加料金を確認し、さほど高くないときは追加料金を支払い大きな部屋に変えて貰います。この大阪のホテルでもチェックインの際確認すると何と一部屋料金1万円の追加で41㎡のスタンダードルームから100㎡のエグゼクティブスイートに変更できると言うので躊躇なく現金前払いと言う1万円奮発してスイートルームに変更しました。

○東京出張の際、定宿にしているグランドプリンスホテル赤坂もネットの早割で出来るだけ安く予約して、チェックインの際フロントでスイートルームに変更して貰っています。このときの追加料金も1万円でしたが、最近1万5000円に値上げされたのが痛いところです。グランドプリンスホテル赤坂の場合は、追加料金の支払いで37㎡が88㎡に増えますが、この大阪のホテルは41㎡から100㎡に増えますのでより格安です。

○ネットでこのホテルの100㎡エグゼティブスイートルームの正規料金を見ると何と20万7000円で驚きました。今回の大阪2泊3日間の1人当たりパック料金より遙かに高い料金です。私のような稼ぎの悪い弁護士には、到底、こんな高い正規料金を支払ってまで宿泊することは不可能で、随分と得をしたような気になりました(^^;)。

○大阪のあるホテルからの眺めです。流石大阪、仙台より遙かに規模が大きく、財政赤字にあえいでいるという感じがしません。大阪ほどの程度かどうかは判りませんが、仙台も財政赤字は同様ですが。
 
以上:793文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > ホテル等紹介 > スイートルームにやすく泊まる方法