仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 趣味 > AV >    

自宅AVルーム設備更新中ーHDMI分配機に苦戦

平成19年 2月 5日:初稿
○「自宅AVルームに三代目プロジェクター設置」に記載しましたが、自宅AVルームにEPSON製EMP-TW1000を三代目プロジェクターとして導入し、自宅AVルームの設備・機器をフルハイビジョン用に変更中です。

○メイン機器はソニー製ブルーレイディスクレコーダーBDZ-V9ですが、HDDVDも鑑賞したく再生専用の東芝HDDVDプレイヤーHD-XF2も導入し、現在のところ、プロジェクターEPSON製EMP-TW1000への接続は、BDZ-V9からはHDMIケーブル、HD-XF2からはD端子ケーブルを利用し、EMP-TW1000側で切り替えて使えるようにしています。

○しかしAVルームにあるもう一つのモニターであるシャープ液晶テレビLC-45GD1にも接続して同時に表示出来るようにしたく、更に、台所や寝室にある液晶テレビにも接続して同時に表示し、どの部屋からもAVルームの映像を映せるようにすることを計画しています。

○映像・音声・制御信号が一体化したシングルケーブルで電送できるHDMIケーブルが、フルハイビジョン機器同士を接続するためには最も適しており、上記のAVルームの映像を各種モニターで同時放映するためにはこのHDMIケーブルについて2入力1出力できるセレクターと、一入力4分配出力出来る分配機が必要になります。

○正月の初売りでEMP-TW1000を始めとするフルハイビジョン機器購入の際、このHDMIケーブルのセレクターや分配機についてヨドバシの店員に聞いてみると、そのような機器はまだ発売されていないような説明でした。

○私としては納得できず、ネットで色々調べてみるとエバーグリーン社等でHDMIセレクターを販売しており、早速、HDMIセレクタ「EG-HDMI301」をヨドバシ仙台店に注文・購入して接続し、EMP-TW1000で試用してみると信号が入力されませんとなって使えず、初期不良ではないかと返却しました。

○その後、秋葉原の株式会社アバック等ホームシアター専門店、真光無線株式会社等各種ケーブル専門店を回ってHDMIケーブルのセレクターや分配機について情報収集すると、私がやろうとしていることを実現できるセレクター兼分配機はGefen社製が最も定評があることが判明しました。

Gefen社のHPには、HDMI切替/分配機シリーズとして各種製品が掲載されています。ネットでも調べることが出来ますが、その評判等は実際取り扱っている専門店で確認する必要があり、量販店のヨドバシではこのような専門機器まで確認できず、やはり秋葉原専門店で確認する必要を痛感しました。尚、エバーグリーン社製HDMIセレクターはどの業者からも不評でした。
以上:1,113文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 趣味 > AV > 自宅AVルーム設備更新中ーHDMI分配機に苦戦