仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > その他弁護士等 >    

ネットで長時間かけて調べた各種数値データ紹介5

平成28年12月24日:初稿
○「ネットで長時間かけて調べた各種数値データ紹介4」で「・少子高齢化問題 出生数は、昭和22~24年いわゆる団塊の世代は約268~270万人だったものが、平成26年約100万人と3分の1近く激減し、今後、益々減ると思われます。」と記載していましたが、以下のニュース報道によると推計平成28年出生数は100万人を割って98万1000人とのことです。

*******************************************

2016年に生まれた赤ちゃん過去最少に 約98万1000人と推計
ホウドウキョク 12/22(木) 19:17配信


2016年の1年間に生まれた赤ちゃんの数が、統計開始以来初めて、100万人を下回る見通し。
厚生労働省によると、1年間に生まれた赤ちゃんの数、出生数は、年々減少傾向にあったが、2016年は、およそ98万1000人と推計され、過去最少となった。

2015年より2万5000人ほど減少していて、100万人を下回るのは、1899年の統計開始以来初めて。
塩崎厚労相は「(出生数の動向は)なかなか厳しい状況が、ずっと続いている。働き方改革を進め、子育て支援に、さらに力を入れていく」と述べた。


*******************************************

以下、桐ファイルでの各種データ年次変遷一覧です。PDFファイルもつけます。


以上:594文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > その他弁護士等 > ネットで長時間かけて調べた各種数値データ紹介5