仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士の営業 >    

”なぜ福山雅治より、石田純一がモテるのか?”青木一郎氏解説1

平成25年 6月20日:初稿
○最近、弁護士稼業の厳しさを実感し、営業の根本に立ち戻って考え直さなければと痛感しております。私自身が考える営業に根本については、「営業の根本-相手の気分を良くして気に入って貰うことに尽きる」に記載した「相手を良い気分にさせることに尽きる」と肝に銘じております。しかし、現実には、愚直を絵に描いたような無骨な性格の私は、ズバズバ、ズケズケと物を言い,相手の気分を悪くすることがしばしばあり、うまく行きません。「謙虚で控えめで何より慎み深い」が私のキャッチフレーズなのですが、時にこのキャッチフレーズに反することもあります(^^;)。

○まもなく62歳になる私は、この歳で女性にもてたいなんて気持は殆どなくなりましたが、あと数年は弁護士稼業を継続しなければならず、お客さまの気持ちを捉える技術の向上心は持ち続けなければなりません。そこで、時に、ネットで営業の心得等の記事を探索していますが、最近、中年男性専門の婚活・恋愛コンサルタントで「40歳からのモテる技術」なんてブログを作っている青木一郎氏の「なぜ福山雅治より、石田純一がモテるのか?男たちよ、聞き上手たれ」と言う東洋経済ONLINEに掲載された記事を見つけ、なるほどと感心しました。

○半年でママになったスゴ腕の女性の成功の秘訣はたった3つの言葉
「すご?い」「こんなの初めて」「あなただけよ」
には、ホントにそうだなと感心します。いずれも「評価されたい」と言う人間の根本欲求を見事に満たしているからです。しかし、この言葉を弁護士稼業でそのまま使うと、却って信用を失いそうで(^^;)、どのように応用すべきか難しいところですが、色々研究していきたいと思っております。

○以下の記述では、
・ここぞ!というときに、「すご?い」「こんなの初めて」「あなただけよ」と必殺の殺し文句を繰り出す
・“ここぞ!”というとき、「こんなこと相談できるのは、●●さんだけです」(=あなただけよ)とつぶやく

が重要ですが、さてどのようの応用すべきかです。

**********************************************

■スゴ腕ママの3つの秘訣

私の知り合いに、霞が関の官庁から夜の銀座の世界に飛び込んで、半年でママになったスゴ腕の女性がいます。成功の秘訣はたった3つの言葉をつぶやくこと。それは……

「すご?い」「こんなの初めて」「あなただけよ」。 

ということで(?)、今回は少し趣向を変えて「異性に好まれるコミュニケーション」について取り上げたいと思います。コミュニケーションを改善して人間関係を良くすることは精神衛生上だけでなく健康にもいいこと、ある種のアンチエイジングであると、やや強引な理由づけをしてから話を戻しますと……。

くだんの女性、とにかく“話させ上手”、反応が抜群にいいのです。「はい、はい」や「なるほど」と相槌をうったり、目を輝かせてコロコロと楽しそうに笑ったり。まさに「打てば響く」で、相手の話に反応するのです。

そして、ここぞ!というときに、「すご?い」「こんなの初めて」「あなただけよ」と必殺の殺し文句を繰り出すのです。

この女性に言わせると「男はプライドの生き物」。そのプライドをくすぐるのが、この3つの言葉なのだそうです。「プライド」こそが、後で述べるように男性がコミュニケーションに求める根源的なニーズです。そして、男性相手の商売でくだんの女性を成功に導いた原動力にもなったのです。

女性の皆さんは、お相手の男性が思い入れの強い話を熱く語ったとき、とっておきのお店に連れて行ってくれたとき、この3つの言葉を繰り出してみてください。きっと相手は心地よくなり、表情を和らげて、あなたに好感を抱くことでしょう。決して、「その話、知ってるー」とか、お店に入るなり「ここ、前に来たことあるー」などと口が裂けても言わないように。

この3つの言葉は、女性だけでなく、男性にとっても取引先のオジサンとの接待や上司を持ち上げるときに効力を発するコミュニケーションのキモであります。“ここぞ!”というとき、「こんなこと相談できるのは、●●さんだけです」(=あなただけよ)とつぶやけば、相手との距離がぐっと縮まることでしょう。 


以上:1,732文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士の営業 > ”なぜ福山雅治より、石田純一がモテるのか?”青木一郎氏解説1