仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > その他弁護士等 >    

仙台・エクセル東急跡地 高層マンション建設へ

平成24年 9月 2日:初稿
○当HPトップページ最上部にあるサイト内全検索に「仙台エクセルホテル東急」と入力して、検索をかけると最新の「健康に悪い食べ合わせ-例えばレモンティー」から、最古?の「【多遊】さんを囲んで桐を語る会」まで9件の記事が検索できます。「仙台東急ホテル」でも1件出て来ますので、このホテルが関係する記事は少なくとも10件はあります。

○これまでずっと、初めて来所されるお客様に事務所案内するとき、タクシー利用であれば「東急ホテルの裏の旭コーポラス一番町」と言えば必ず判りますと説明してきましたが、この説明では通じなくなる時がまもなく来るようです。「残念!仙台エクセルホテル東急平成22年11月営業終了」記載の通り、平成22年11月30日をもって同ホテルの営業が終了して、昼食等での利用も出来なくなり、寂しい思いをしていました。

○平成23年3月11日大震災の夜には、当事務所近辺も停電で真っ暗になりましたが、仙台エクセルホテル東急だけが、煌々と明かりが点りました。自家発電機で灯りを点し、停電で真っ暗になったこの界隈を少しでも明るくする配慮だったと思われますが、その後、しばらく被災者避難所として利用され、夜になるといくつかの部屋に灯りがついていました。

○それが大震災1年後の平成24年3月頃から、殆ど明かりが点らなくなり、被災者も退去されたようだと感じ、さて、これからこのホテル、どうなるのだろう、出来れば、また、立派なホテルに建て替えかえられ、新生東急ホテルとして生まれ変わってくれることを期待していました。ところが、平成24年8月24日、河北新報朝刊に以下の記事が掲載されました。24階建ての高層マンションに生まれ変わるそうです。

○新生東急ホテルに生まれ変わって貰いたいとの私の希望は叶えられませんでしたが、24階建て高層マンションとのことで、低層階には商業施設も入ると思われ、仙台の新たな有名箇所として発展して貰いたいものです。


**********************************************
河北新報2012年08月24日金曜日

分譲マンション大手3社が取得した旧仙台エクセルホテル東急

 三井不動産レジデンシャル(東京)などマンション分譲大手3社が、仙台市青葉区一番町2丁目の旧仙台エクセルホテル東急を、所有する日本生命保険(大阪市)から取得したことが23日、分かった。建物を解体し2015年春の完成を目標に、共同で24階建ての高層マンション(250戸規模)を建設する。ホテルは10年11月に営業を終えており、跡地利用が焦点になっていた。
 他の大手2社は野村不動産(東京)と住友不動産(同)。三井によると、3社は共同事業体を組み8日付で購入した。取得額は非公表。
 登記簿によると、敷地は広さ約4160平方メートル。所有権は三井が34%、野村、住友が各33%となっている。
 旧ホテルは既に解体工事に入っており、13年春にもマンション建設に着手し、同年中に入居者募集を始める予定。計画では建物は免震構造を採用し、自家発電装置や防災倉庫も整備する。
 土地は仙台市中心部の青葉通に面し、15年度開業予定の市地下鉄東西線の一番町駅と西公園駅(ともに仮称)のほぼ中間に位置する。
 三井不動産レジデンシャルの森永哲郎東北支店長は「中心部で緑も多く、住宅用地としての環境が良好と判断した」と説明。共同で取り組む理由については「都心の大規模開発となることから、3社で合意した。災害に強い住まい造りを目指す」と語った。
 ホテルは1980年、仙台東急ホテルとして開業し、02年に名称を変更した。老朽化などのため10年に閉館。東日本大震災後の昨年5月からは石巻市の被災者の2次避難所として利用された。
 日生は全避難者が退去した3月末以降、ホテルやオフィスビルとしての土地利用も含め売却交渉を本格化させていた。同社は3社への売却について「地域の活性化につながると考えた」と話している。


以上:1,636文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > その他弁護士等 > 仙台・エクセル東急跡地 高層マンション建設へ