仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士の営業 >    

初の法律セミナー開催報告-我が振り見て我が振り直せ

平成24年 3月29日:初稿
○平成24年3月28日午後2時から当事務所主催初の法律セミナーをツルカメ第2スタジオで開催しました。最終的にスタッフ以外30名近い方にご参加頂き、大変有り難いところでした。同日、午前9時30分から某外資系生命保険会社主催法律セミナーを同社が入っている仙台市内の有名ビルの一室で行いました。こちらは定員100名の広い会議室の6割かた埋まり、60名の方にご参加頂きました。いずれも18個のテーマを用意して同じ原稿で行いましたが、午前のセミナーは時間配分に失敗して半分程度の説明に終わり、アンケートを見ると前置きが長すぎるなんてご批判も頂き、午後の事務所での本番は、なんとか18テーマの内17テーマを話すことが出来ました。感想は,兎に角、疲れると言うことでした。


○今回のセミナーの目玉は、急遽思いついて、ネット中継を試みたことでした。これまで東京の日弁連会館クオレで開催される各種研修会のネット中継を仙台弁護士会館4階会議室で聴講したことは何度もありましたが、その仕組みは全く判りませんでした。同様のネット中継をやってみたいと当事務所システム保守をお願いしている島さんと曽根さんにお願いしたところUstreamを利用した無料中継を実践してくれました。かかった費用は中継用のWebカメラ2台とマイク1本の合計3万円程度の実費だけでした。

○僅かの費用でWebカメラ、マイクだけを購入すれば無料でインターネットライブ中継が出来る事に驚嘆しました。この方法だと、私的TV放送がいとも簡単に実現出来、しかもその中継は録画できますので大変便利です。ツルカメ第2スタジオでの法律セミナーの状況は、このネットライブ中継を3編に分けて録画しており、これを再生して我が講義ぶりを見てみましたが、感想は,一言、「恥ずかしい限り」と言うことです。

○これまで男女問題や交通事故問題等をテーマにした講演は何度か行っており、且つ、それをビデオに録画したこともありますが、今回の講演については、講演中の自分の上半身が、絶え間なく、忙しなく動き、落ち着きがなく,軽く見えることにガックリしました。恥も外聞のなく,途中で、ギター演奏を入れましたが、このギター演奏中も上半身がよく動くのにガッカリでした。

○「第35回東京フラメンコギター研究会門下生発表会感想」に「今回の発表会で感じたのは,これまで繰り返し述べていますが、演奏スタイルの重要性です。腰をシッカリと入れて、姿勢も背筋を伸ばし、顔は正面を向いて、左手や右手の動きは、たまに見る程度にして、上半身に余計な動きは入れず、自分の音をシッカリと確認しながら、時に瞑想して演奏を継続する-これは正にパコのスタイルですが-ことが重要だなと実感しました。」なんて記載していましたが、私の演奏スタイルは理想とはほど遠いものでした(^^;)。

○我がネット中継は、当事務所内クライアントパソコン4台程で見ていたところ、全部で15件程のアクセスがあり、10件前後が事務所以外のパソコンからのアクセスでした(^^;)。我が中継を見て頂いた方の一人から、「ご解説時は,熱が入ると思いますが,画像上,あまり前後には動かれない方が,もっとよいかと思いました。画像が止まったりブレたりするので。TVのキャスターやアナウンサー風の方が,ゆっくり先生のお姿を拝見できると思います!」との貴重なアドバイスを頂き、感謝しております。
人の振り見て我が振り直せ」と言う諺がありますが、私の場合、「我が振り見て我が振り直せ」がピッタリで、今後はこの言葉をシッカリと自覚していきます。
以上:1,472文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士の営業 > 初の法律セミナー開催報告-我が振り見て我が振り直せ