仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士の営業 >    

小松亀一法律事務所初の法律セミナー準備状況経過報告2

平成24年 3月27日:初稿
○「小松亀一法律事務所初の法律セミナー準備状況経過報告」を続けます。
平成24年3月26日は日弁連業務改革委員会で上京の予定でしたが、3月28日に迫った当事務所初の法律セミナー準備のため欠席しました。セミナー前日の27日に種々の予定が入ってしまい、前日の準備時間が殆ど取れなくなったからです。セミナーの講義レジュメは,桐ファイルの講義録.tblに入力したデータを、各種フォームで65インチ液晶TV画面に表示しますが、これには、テーマ(今回は、問題文)と話すべき内容が全て記載されています。

○この画面に表示するフォームは、これまでは1024×768即ち4対3(横1対縦0.75)の横縦比率で作成していましたが、液晶TV画面は1920×1080(横1対縦0.5625です。そのためこれまでの4対3比率で作成してフォームは、液晶TV画面に映すと右側4分の1が表示無しの中途半端な画面になってしまいます。そこで講義で使うフォームをこれまでの0.75比率から0.5625比率に変更する作業が必要になりました。

○と思い、そのつもりで、第1ツルカメスタジオで私自身が使う25インチデュアルディスプレイを利用して、講義で使うフォームをこれまでの0.75比率から0.5625比率に変更する作業をしました。その結果を、第2ツルカメスタジオの65インチ液晶TV画面の映すも、どうしても右側が少し開きます。おかしいなと思って、第1ツルカメスタジオで私自身が使う25インチデュアルディスプレイの解像度を確認すると1920×1200で横縦比率は0.625でした。

○そのため第1ツルカメスタジオ25インチデュアルディスプレイで作成するフォームの縦横比率が0.625となり、65インチ液晶TV画面の縦横比率0.5625より少し縦長になり、その分、右側が少し開く結果となっていました。ツルカメ第2スタジオで私が使用するI・ODATAの23インチディスプレイの解像度は1920×1080で65インチ液晶TV画面と全く同じであったため、このディスプレイを利用してフォームを再度修正する作業が必要となりました。パソコンのビデオボードから送り出す第2ディスプレイ用ビデオ信号は、HDMIケーブルで分配機経由で私の目の前の23インチディスプレイと背面壁に貼り付けた65インチ液晶TVの送っているため上記1920×1080(横1対縦0.5625)に設定しており、23インチディスプレイと65インチ液晶TV画面の解像度はピッタリ一致しています。フォーム作成作業は、二転三転して、結構手間暇がかかりましたが、解像度の勉強にはなりました(^^)。

○と言うわけで最終的に1920×1080(横1対縦0.5625)に修正し、且つ、最後列5列目でも文字が読めるようにフォントを拡大した講義用フォームは以下の通りです。


聴講のお客様には先ず問題文だけのレジュメを配布します
 

講義終了後、話した内容も記載した全レジュメを配布します




以上:1,227文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士の営業 > 小松亀一法律事務所初の法律セミナー準備状況経過報告2