仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 東日本大震災 >    

東日本大震災後の気仙沼名勝岩井崎の惨状

平成23年10月 3日:初稿
○平成23年10月1日、父亀治郎13回忌終了後、宿泊先の南三陸ホテル観洋に向かう途中で、気仙沼市在住時代、良く遊びに行った陸中海岸国立公園・海中公園に指定されている気仙沼湾岩井崎に立ち寄りました。岩井崎は、気仙沼の実家から自動車で30分程の距離にあり、潮吹き岩が有名です。45号線を左折して岩井崎方面に向かうも、途中で、風景が一変しており、判らなくなりました。

○途中、東日本大震災で甚大な被害を受け、しばしばニュース報道された気仙沼向洋高校は、判りましたが、その先の風景が一変して、道路とその周辺の状況がすっかり変わっていたので、果たして、岩井崎に向かう道路なのかどうか判らなくなったのです。少し引き返して、工事車両の誘導をしていた方に、岩井崎への行き方を尋ねて、何とか、到達できました。

○岩井崎そのものは、何とか残っていましたが、周辺の宿泊施設、お土産屋さん等の建物は、全壊状態でした。気仙沼市民の憩いの場所で、私も受験時代、気分転換に出かけた場所ですが、土曜日の夕方というのに人っ子一人いない状況が残念でした。

岩井崎入り口案内看板から水が出なくて使えないトイレまで
   

秀ノ山手形、小野寺清雄君をたたえる碑、倒れたままです
   
※小野寺清雄君は気仙沼水産高校生であった昭和37年11月29日夜、強風の中暗礁が点在する岩井﨑沿岸に近づいて100m沖で座礁した八戸の漁船に小舟で近づき、離礁の方法を教えた後、荒海で海中に転落してプロペラに巻き込まれて落命し、その剛健で責任感の強い水産健児の功績を後世に伝えようと、翌年市と高校が岩井﨑に石碑を建立したものです。

コンクリート製柵も倒れたまま並べられています
   

海辺に出ました
   

津波にもびくともせず立っていたと言う秀ノ山銅像
   

岩浜の形状も変わっており、どこが潮吹き岩か判りません
   

周辺宿泊施設、石碑も無造作に転がったままです
   

お土産屋さん等も全壊状態です
   
以上:809文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 東日本大震災 > 東日本大震災後の気仙沼名勝岩井崎の惨状