仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 政治・社会・司法等 >    

ビートたけしの21世紀毒談-夏の甲子園にもの申す!

平成23年 8月26日:初稿
○当事務所でお客様閲覧用に購入している週刊誌は週刊ポストとビッグコミックオリジナルです。このうち週刊ポストが配達されると先ず最初に読むのが国友やすゆき氏とやく・みつる氏のコミックです。国友やすゆき氏の週刊ポスト連載コミックは、「×一(バツイチ)愛を探して」は、その徹底した馬鹿馬鹿しさが面白く大笑いしながら読んでしました。これが終了後連載されたコミックは、いまいち親しめず、余り読まなくなっていたのですが、最近、また、国友氏の「時男?愛は時空を超えて?」との表題の、これまた、徹底した馬鹿馬鹿しさを売り物にした連載コミックが始まり、週刊ポストの配達が楽しみになりました。

○週刊ポストを受け取ると、コミックの次に必ず目を通すのが、「ビートたけしの21世紀毒談」です。たけし氏のズバリ本質を突いた皮肉たっぷりの辛口論評に小気味よさを感じて、これまた時に大笑いしながら読んでいますが、2011年9月2日号に掲載された「特待生だらけの甲子園は『方言以外しゃべったらアウト』にしろっての!」との記事は、いつも私が思っていることを、ズバリ、的確に表現されており、正に我が意を得た思いでした。

○「考えてみりゃ、甲子園ってヘンなことばっかりだよ。」から始まって、特に夏の甲子園高校野球をこき下ろしており、胸がスカッとしました。












以上:552文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 政治・社会・司法等 > ビートたけしの21世紀毒談-夏の甲子園にもの申す!