仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士全般 >    

私が現在の司法修習生だったら-”可愛気”と”律儀”2

平成23年 6月10日:初稿
○「私が現在の司法修習生だったら-”可愛気”と”律儀”」を続けます。
弁護士業も、詰まるところ法律サービスを提供するサービス業に過ぎないところ、弁護士法等によって、独占・寡占・競争排除の3大特権を与えられていたため、俺たちは世の指導者で偉いんだと勘違いして,威張って殿様商売をしてきたことに強い反発を受け、司法改革の美名の下、司法試験合格者大量増員、法律事務他業種への解放、宣伝広告解禁・統一料金解除等の施行で、弁護士3大特権の殆どを剥奪され、制度上も普通の商売に格下げされたと私は認識しています。ですから、この事実をシッカリと認識して、強いサービス精神を持って業務に邁進しないと淘汰されると自覚しています。

○昔から商売のコツは、「巧い,速い,安い」に尽きると言われてきましたが、詰まるところは顧客満足です。これは、お客様に満足してもらうことで、お客様をいい気分にさせて、気に入ってもらうことに尽きます。そのためにはお客様の期待に応えるサービス精神の涵養と実践が最も重要です。

○弁護士業務においてお客様を良い気分にさせる最も重要な要素の一つは、明るい気分、前向きな気分になってもらうことです。そのためには弁護士自身が明るいと感じさせることが必要です。生来気が小さく人見知りで無口で、一言で言えば「暗い」性格であった私は、そのことだけで致命的とも言える欠点を持っていました。昔良く「亀一は暗いからなー」を言われましたが、「あの弁護士さん、暗いからなー」と思われたら、先ず仕事は来ず、商売にはなりません(^^)。

○司法修習生として就職活動をするときも、「あれは暗いな」と思われたら先ず採用の可能性がないと思って良いでしょう。かといって逆に明るすぎても、あんなにハイモードで大丈夫だろうかと心配になり先ず採用されません。弁護士事務所には、ハイモードのお客様も多くて苦労することがあるからです。ほどほどのところで、明るく可愛げを感じさせる人は、お客様にも気に入られ、採用に有利になります。

○しかし持って生まれた性格は簡単には修正できません。谷沢先生言う「可愛気」を持って生まれて来た人はそれ程いませんが、そのような人は、先ず明るい性格で、その人が居るだけでその場の雰囲気が良くなり、何かあると呼びたくなる人です。その雰囲気を持って業務もシッカリこなす能力を身につければ先ず弁護士としてやっていけます。

○しかし残念ながらこの「可愛気」は努力して得られるものではなく、谷沢先生も「寧ろ猿真似は危険であるから自分も可愛気のある性格になりたいなどと高望みせぬ方がよい」と言われます。「可愛気」など全く無く、むしろ暗い性格である私は、この欠点を補うため以下の点に気をつけています。
・出来る限り大きな声で話す。難聴なので自然に大声になります。小声でボソボソ話すようでは暗く見られます。
・物事は出来るだけ面白がって大声で笑う。私の友人で、面白いと思ったことをいちいち記録して、更に面白く脚色して披露し、笑いを取る律儀な努力をしている方が居ます。私はそこまでは行きませんが、その努力は重要です。
・大声で挨拶をする。

先ずは声を大きくして、笑い顔を多くすることに尽きますが、私の場合は声だけは大きいのですが、その他まだまだ努力が足りません(^^;)。

************************************

谷沢永一氏著作「人間通」の「可愛気」から

色の白いは七難隠すと謂う。人間の欠点がおおい隠されて世の人から好意を得ることが出来る性格の急所は可愛気であろう。彼奴には至らんことが多いけれど、なにしろ可愛気があるから大目に見てやれよ、と寛大に許される場合が殆どである。

これに類する或いはこれに代わる長所は他にちょっと考えられない。才能持ち得も努力も業績も身持ちも忠誠も、すべてを引っくるめたところで、ただ可愛気があるというだけの奴には叶わない。

人は実績に基づいてではなく性格によって評価される。女が男を選ぶときの呼吸にどこか似ているのかもしれない。この可愛気が果たして自力で培い得る者かどうか、つまり努力目標になり得るか否かについては確かたる見通しが立たない。寧ろ猿真似は危険であるから自分も可愛気のある性格になりたいなどと高望みせぬ方がよいとの自戒が一般的である。

しかし可愛気そのものは自作自演できなくても、その一段下のところを目指すことは可能である。可愛気の次に人から好まれる素質、それは、律儀、である。秀吉は可愛気、家康は律儀、それを以て天下の人心を収攬した。律儀なら努めて達し得るであろう。

律儀を磨きあげれば殆ど可愛気に近づくのである。そのため有効な近道は可愛気のある人物に近づき誼を通ずる手筈である。好意を以て交際っている友人の癖はなんとなく影響する。いわんや積極的に学ぼうと努めるなら、幾分なりとも得るところがあろう。こうしてアマチュア段階の可愛気が身につくことは可能なのである。
以上:2,032文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 弁護士全般 > 私が現在の司法修習生だったら-”可愛気”と”律儀”2