仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 東日本大震災 >    

震災後初めての郷里気仙沼入り-余りの惨状にただ涙3

平成23年 4月 6日:初稿
○「震災後初めての郷里気仙沼入り-余りの惨状にただ涙2」を続けます。
私が廻った気仙沼市地図です。


魚町海岸通りを行きます、結構、車の通行量が増えています
   

魚町からエースポート・港ふれあい公園を望みます、海岸縁にある魚町地区の被害は甚大です
   

魚町から神山を望みます、右端は我が実家のある太田地区へ入る交差点ですが、信号が垂れ下がっています
   

ほぼ全域壊滅状態の鹿折地区です、正に戦後の焼け野原状態ですが、鉄骨がれきの山に暗澹たる気持ちになります
   

鹿折・唐桑駅案内看板と駅構内です、駅はかろうじて保っていましたが、内部はめちゃめちゃです
   

初めて安波山公園に登りました、普通の風景にホッと一息です
   

柏崎下の海岸から魚町方面を望みます
   

柏崎下の気仙沼お魚いちば付近です、上陸した船に軽自動車が押しつぶされています
   

気仙沼魚市場に向かう海岸線です、大きな船が上陸しています
   
以上:397文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 東日本大震災 > 震災後初めての郷里気仙沼入り-余りの惨状にただ涙3