仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > その他弁護士等 >    

残念!仙台エクセルホテル東急平成22年11月営業終了

平成21年12月 4日:初稿
○事務所へのアクセス方法を案内するときは、
青葉通り仙台東急ホテルの直ぐ裏に14階建てのマンションがあり、その7階です
仙台駅からタクシーで事務所に戻るときは、
青葉通り仙台東急ホテル裏の旭コーポラス一番町お願いします
と伝えて来ました。仙台市内に住む方で青葉通りに面する仙台東急ホテルを知らない人は先ず居ないからです。何年か前にホテル名が、仙台エクセルホテル東急に変わりましたが、今でも東急ホテルで通っています。

○この仙台エクセルホテル東急が、平成21年11月30日をもって営業終了とのニュースが,平成21年12月2日に流れてきたときは,驚き、且つ、ガッカリしました。私は、仙台エクセルホテル東急の直ぐ南裏に位置する旭コーポラス一番町というマンションに先ずA棟12階に昭和56年に自宅を購入しました。そして昭和57年勤務弁護士から独立時は事務所兼自宅として事務所を開業しました。

○その後、昭和63年にB棟4階を自宅用に競売で取得し、更にその後は、私が監査役を務めさせて頂いている株式会社鶴亀企画においてA棟7階等旭コーポラス一番町内の賃貸用区画を買い増していきました。現在の当事務所は株式会社鶴亀企画から賃借しているものです。

○この旭コーポラス一番町と言うマンションに集中したのは、北側に仙台東急ホテルがあり、南側に歩いて2,3分のところに仙台地方裁判所、仙台高等裁判所建物があり、弁護士稼業を行うのに最適の位置にあったからです。東急ホテルの直ぐ裏というのが、売り物の場所でした。

○仙台東急ホテルには私自身が宿泊したことはありませんが、私への来訪者宿泊用には良く利用し、また地下一階の中華料理店東天紅となだ万は我が家の迎賓館で来訪者接待に良く利用していました。東天紅は数年前に、なだ万は平成20年に閉店となり寂しくなっていましたが、1階カジュアルダイニング「ラベニュー」も特に最近は良く昼食に利用していました。ですからホテル全体がなくなると聞いた時はショックでしたが、日本生命保険所有の建物がなくなる訳ではないので、名のある企業で再利用して頂きたいものです。

*******************************************

仙台エクセルホテル東急閉鎖へ 来年11月
 仙台市青葉区一番町2丁目の青葉通沿いにある「仙台エクセルホテル東急」(客室302室、定員466人)が、来年11月30日をもって営業を終えることになった。運営会社の東急ホテルズ(東京)が2日、事業の将来性の厳しさなどを理由に、閉鎖方針を明らかにした。

 仙台市中心部ではホテル競争が激化し、JR仙台駅前の老舗ホテル、仙台ホテルも年内に営業終了するなど、淘汰(とうた)が進む。

 仙台エクセルホテル東急は地上13階、地下2階で宴会場や結婚式場、飲食店を備える。最近5年間の平均客室稼働率は74%だったが、土地建物を所有する日本生命保険(大阪市)との賃貸借期間が2011年3月末に満了を迎えることも踏まえ、閉鎖を決めた。

 東急ホテルズは「開業から29年が経過。新たな設備投資には多額の資金が必要となり、今後の事業性を考慮した結果、営業終了すべきだと判断した」と説明している。

 従業員122人(うち正社員47人)は雇用契約を終える。営業終了までに配置転換を含め、全員が再就職できるように支援する方針という。ホテルの跡地利用について日生は「現時点で未定。今後検討する」としている。

 同ホテルは1980年、「仙台東急ホテル」として開業、02年4月に現在名に変わった。東急ホテルズは55ホテルを運営。いわき市の「いわき東急イン」(客室133室)の営業を10月末に終了している。

2009年12月03日木曜日

以上:1,532文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > その他弁護士等 > 残念!仙台エクセルホテル東急平成22年11月営業終了