仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 教育・家族等 >    

誕生日雑感-還暦まで後2年

平成21年 8月 6日:初稿
「誕生日雑感-1年経つのが何と早いことか」を記載して1年経過し、58歳となりました。年月の経過は、50代に入って更に速くなりました。60歳還暦まで後2年に迫りました。20代の頃、60歳還暦近い方というと物事に達観した大人と感じる方が多かったのですが,自分がその年齢になると、20代の若造時代からどれだけ進歩・成長しているか実感出来ず、誠に忸怩たる思いにかられます。

「誕生日雑感-1年経つのが何と早いことか」に記載したとおり,今も、毎日、平成20年3月9日に購入した株式会社タニタ製体組成計InnerScan50BC-305で体重・体脂肪・骨量等7種データを計測しています。平成19年11月からの主なデータ変遷は以下の通りです。
時期      年齢   体重    ウエスト  体脂肪
平成19年8月 56歳 66~67㎏ 86㎝  23~25
平成20年8月 57歳 59~60㎏ 76㎝  14~16
平成21年8月 58歳 57~58㎏ 74㎝  13~15


○これ見よがしに掲載したこの数字だけ見ると56歳から年を経る毎に若返っているように見えます。しかし、頭髪の寂しさはつのる一方で、老眼も徐々に進行し、顔はハッキリ覚えているのに名前が出てこない機会も増え、確実に老化は進行しています。体重・ウエスト・体脂肪は、身長162.5㎝の短躯の適正データであり、これ以上落とさないように努めますが、合わせて老化現象を食い止めるためのアンチエイジングも模索していきたいと思っております。

○アンチエイジングの一方法として取り組んでいるのが毎朝の筋トレで特にベンチプレス能力を高めたく、平成21年現在65~75㎏を10~5回ずつ4セットほど行っているものを、年末までに70~80㎏にアップさせ、何とか還暦60歳までに100㎏を持ち上げることを目標にしています。また毎朝30分練習を継続しているフラメンコギターでも少しずつ新曲にも挑戦していきます。

○平成15年9月ひどい風邪で高熱が1週間近く続き業務に支障を来した経験を切っ掛けに翌10月から真向法を開始し今も朝の筋トレの前に10分近く真向法中心のストレッチ運動をほぼ毎日継続し、お陰でそれ以来業務に支障を来すような風邪等にかかることはなくなりました。

○この調子でなんとか平成29年の66歳までは弁護士稼業を継続していきたいと思っております。41歳からかけ始めた中退金積立金が平成29年12月66歳5ヶ月で25年300回の切りよい数字になり、また各種保険も満期になり、65歳からは年金も貰えるはずで何とか老後生活の目処が立つのではと予測しているからです。

○私が一応の定年と決めた66歳5ヶ月までまで残された期間はわずか8年5ヶ月、短い期間ですが、データベースソフト桐を利用してのweb上データ処理を中心とする小松亀一方式事務所処理及びマーケッティングシステムを整備・開発・完成して、どなたかやる気のある方に引き継いで頂ければ有り難いところです。
以上:1,234文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 教育・家族等 > 誕生日雑感-還暦まで後2年