仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 日弁連 >    

第15回日弁連業務改革シンポジウム報告1

平成19年10月 6日:初稿
○第15回日弁連業務改革シンポが、平成19年10月4日(金)札幌プリンスホテル国際館パミールにおいて約850人の参加者を得て開催されました。日弁連の重要行事として人権シンポ、司法シンポ、業革シンポの3大行事があり業革シンポは2年置きに開催され、札幌での開催は平成3年以来、16年ぶりです。

○第15回業革シンポはメインテーマとして「事務所を!私を!ステップアップ~新しい時代の期待に応えて~」を掲げ、
第1分科会「小規模事務所の人事戦略~新人弁護士とともに新たなステージへ」
第2分科会「華麗なるキャリアプラン~あなたも挑戦しませんか」
第3分科会「地方分権新時代と弁護士の役割~弁護士を活用した自治体法務のあり方~」
ITブース「乗り遅れないために~弁護士業務の効率化・コストダウンに役立つIT関連情報術の紹介~」
の4つの分科会に分かれて開催され、私は業務改革シンポジウム運営委員会委員として第1分科会に所属して参加しました。
会場正面スクリーンとタイトル            式次第
 

○私が業務改革シンポジウム運営委員会に参加したのは平成15年鹿児島シンポからで、ここではIT分科会で桐システムの一部のデモンストレーターとして、平成17年金沢シンポでは、弁護士の新たな挑戦をテーマとした第2分科会で交通事故事件取組についてレポーターとして参加していましたが、今回は第1分科会の司会を担当しました。

○前2回の参加は、発表者なので結構時間をかけて準備しましたが、司会なんて、ただ各発表者を紹介するだけだから何の準備も必要ないと高をくくっていました。しかし前日の準備会で、分科会長より、細かい指示を受け、これはシナリオは必要と思い、当日、午前5時から1時間ほどかけてノートパソコンでシナリオデータを作りました。

○しかしこのシナリオデータを印刷するプリンタがありません。何かに備えてせいぜい500g位の携帯用プリンタの必要性を感じました。しかしA4程度の紙の印刷が可能な携帯プリンタは、キャノン製PIXUS iP90が最小のようで、1.8㎏もあり、500gなんてのは無いようです。

○やむを得ずシナリオデータを事務所に送り、朝一番で印刷して札幌プリンスホテルまでFax送付して貰ったものを使用しました。ホテルの部屋にプリンターが備え付けられていれば良いのでしょうが、Faxが置いてあるホテルに宿泊したことはありますが、プリンターまで置いてあるホテルには出会っていません。Faxもプリンタの一種ですが。
以上:1,036文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 日弁連 > 第15回日弁連業務改革シンポジウム報告1