仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 弁護士等 > 日弁連 >    

日弁連業務改革委員会

平成16年 9月 6日:初稿 平成17年 5月15日:更新
今日は日弁連業務改革委員会でした。

1年置きに開催される業務改革シンポ委員会も併せて開催され、私は、「新分野挑戦」をテーマとする第2分科会に押し掛け参加しました。しかし、私の考える弁護士業務ビジネスモデルの事例研究は、取り上げてもらえそうもなく、さて、どこに参加しようかと思案する状況です。

弁護士は、独占(法律業務は弁護士以外禁止)、寡占(少人数合格者で市場支配)、競争排除(広告禁止、統一報酬)の3大特権の元、一般の商売とは、比較にならない程、商売としては楽にこなしていける時代が続きました。

しかし、昨今の弁護士バッシングによる規制緩和で、他士業等に独占法律業務を浸食され、10年前までは僅か500人の合格者が、現在は1500名に増やされ、且つ5年後には3000人まで増えることが確実な情勢となり、更に宣伝広告自由となり、報酬規定も撤廃されました。

かような弁護士特権喪失時代を迎え、相当厳しい覚悟が必要と自戒しているところです。
以上:414文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 弁護士等 > 日弁連 > 日弁連業務改革委員会