仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 債務整理 > 事業倒産任意整理 >    

第3回法律セミナー-”銀行から「金を返せ」と言われたら読む本”紹介3

債務整理無料相談ご希望の方は、「債務整理相談フォーム」に記入してお申込み下さい。
平成25年 2月15日:初稿
3.貸し手の出口戦略
中小企業金融円滑化法終了後に備えて金融庁は、銀行に対し、生き残れそうな中小企業に対しては、良いアイデアを出して支援し、必要に応じて外部専門家や企業再生支援機構、事業再生ファンド等の仕組みも利用するよう指示を出している

銀行は2012年4月から出口戦略を実行し始め、支援するか見捨てるかの選別作業に着手しているので、銀行のサインを見逃さないこと、サインが出たら真摯に対応することが必要
鈴木洋菓子店はこのサインを見落とし、経営者を替えるしかないと結論付けられた。

銀行が活用する専門家である公認会計士・税理士・中小企業診断士・コンサルティング会社は、債務者の味方ではなく、銀行の味方との認識が必要、鈴木洋菓子店は、この認識に欠けていた。
銀行の「不採算事業を整理しろ」、「資産売却で借入金圧縮を考えろ」等のアドバイスを無視し続けるとあとは見捨てられるのみ

4.金を返せと言われる前にやっておくべきこと
(1)先ず信用格付けアップを図る

そのため実態貸借対照表、実態損益計算書の作成し、流動資産(現金・預貯金)・自己資本増加、流動負債の減少、売上高と経常利益の増加を目指す

対銀行では、担当者とのコミュニケーション強化、支店長との頻繁な面談で親交確立、銀行への協力体制つくること-鈴木洋菓子店はこれが無かった

利益より現金が重要との認識-現金残高が最も重要「現金こそが王様」
現金残高アップ法は、
①金食い虫在庫削減、受注生産・仕入れが理想だが、適正在庫を目指す、
②売掛金回収短縮と買掛金支払い先延ばし
在庫は資産に計上され、形式的には将来の利益の源泉だが、実態は将来の特別損失の源泉

拡大戦略より縮小均衡を目指す-不採算部門撤退売却・過剰人員削除を素早く行う

(2)自己認識強化-SWOT(スウォット)分析の重要性
自社のS-ストロング強み、W-ウィークネス弱点を把握・自覚し、市場環境のO-オッポチューニティ機会、T-スリート脅威を分析する必要がある
鈴木洋菓子店の製造委託事業進出失敗は、これが全くかけていた結果

本業に集中・専念し、なりふり構わずコスト削減に徹し、不要資産は躊躇わず売却処分

5.そろそろ「金を返せ」と言われそうなときにやること
企業再生や銀行交渉に強い弁護士を探してアドバイスを受ける-残念ながら仙台には数少ない、小松弁護士は?

資金不足で全ての返済が出来ない場合の支払優先順位
①仕入債務(業務継続に必須)、②社員給料、③各種未払金、④銀行債務・税金等、⑤⑥がなくて最後に役員報酬(これは真っ先に支払停止)
重要なことは銀行債務の支払順位は低くすること、
取立は紳士的で、直ぐに競売はかけず、最近は債権回収への譲渡が多い

財産保全策-取引先入金口座を債権者以外の銀行に変更(債権者銀行預金は直ちに凍結)
個人預貯金も債権者以外の目立たない銀行支店に移す(債権者銀行預金は直ちに凍結)
個人不動産は、住宅ローン等債務を1番抵当権とし、余剰部分も担保に提供
結婚後20年以上の場合、居住用不動産を2000万円限度に妻に全部或いは相当持分を贈与(配偶者控除利用)

以上:1,273文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック

(注)このフォームはホームページ感想用です。
債務整理無料相談ご希望の方は、「債務整理相談フォーム」に記入してお申込み下さい。


 


旧TOPホーム > 債務整理 > 事業倒産任意整理 > 第3回法律セミナー-”銀行から「金を返せ」と言われたら読む本”紹介3