仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 九士会・RU > 九士会通信創刊号(平成8年4月) >    

■司法書士●佐々木清市

平成 8年 4月 1日:初稿 平成17年 1月 8日:更新
司法書士という職業に、皆様はどんなイメージをもたれておりますか?


 弁護士、税理士等に比べれば、あまり付き合う機会も少なく、漠然とした感じかもしれません。


 司法書士は、登記又は供託に関する手続きについて代理すること、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類を作成すること等、法律で業務が規定されています。


 個人の方であれば、土地・建物の売買、相続による名義の変更、金融機関からの借入れによる担保権の設定、法人の方であれば、会社の設立、取締役ら役員の変更、本店の移転の登記等、おおむね登記の面でお目にかかることが多いと思います。


 私は、仕事、又は何らかの縁で知り合えた方々に対しては、以後どのような些細なことでも気軽に相談に乗れるよう、又、会社であれば役員の改選時期などのあらゆるアドバイスをすべく、ニーズに応えられる事務所を目指しております。


 今後、登記の面で差し迫っていますことは、会社の最低資本金制度です。


 平成8年3月31日までに、株式会社は1,000万円、有限会社は300万円以上に資本金を増資しないと解散会社と見做されます。増資の方法は幾つかありますので、どうか早めに門を叩いて下さい。
以上:496文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 九士会・RU > 九士会通信創刊号(平成8年4月) > ■司法書士●佐々木清市